未分類

急に嫌いになる女性の心理|彼氏に興ざめする理由とは

急に嫌いになる女性の心理

女性って急に彼氏を嫌いになることがあるんです。

「私のこと、ちっとも大切に思ってくれない」

「生理的にもう彼氏を受け付けない。付き合うなんて絶対無理」

いままで順調にいっていたカップルのはずなのに、突然女性の態度が変わったり、女性から別れを切り出されたりするので、彼氏のほうは何がなんだか分からず戸惑ってしまうことも。

男性からしたら、一体何が原因でこうなったんだ?と腹が立つこともありますね。

なぜこうなってしまうのでしょう?

そこには女性特有の心理状態があり、それが発動してしまうからなんです。こうなってしまったら女性は急に大嫌いになってしまうのです。

今回は「急に嫌いになる女性の心理・彼氏に興ざめする理由」という内容で女性の心理をご紹介したいと思います。

できれば女性の方にもご覧いただきたいと思っています。

なぜ急に嫌いになるのか、女性自身だってよく分かっていないからなんですね。

女性の心の中で無意識に働く心理をご理解いただくと、感情的になってしまう理由が分かるんじゃないかな思いますよ。

ステキで最高な人間関係を築くためにぜひご覧ください。

スポンサーリンク


急に嫌いになる女性の心理・何でそうなるの?

何でそうなるの?

急に女性が相手の男性を嫌いになってしまうとき。

最初はいいなと思っていたのに付き合いはじると、相手の些細なことが気になってなってしまうからなんです。

反対に男というのは、そんなことに無頓着なことが多いですよね。

嫌いになってしまう原因は男性側にあるのでしょうか。

それとも女性側に原因があるのでしょうか。

急に嫌いになる女性の心理・彼氏を嫌いになる瞬間

嫌い!01

女性がどんなときに彼氏を嫌いになるのかを見ていきましょう。

女性は次のような瞬間に彼氏が嫌いになるようです。

  • 彼の優しさが、ただの優柔不断だったことに気づいた。
  • いつでも割り勘ばっかり。クーポン券をマメに集めたりして、あまりにセコい。
  • 有言不実行。いつも言い訳ばかり言う。
  • いきなり怒鳴ってきて、モノを投げつけた。DVかもしれないと思った。
  • 「おふくろが」「お母さんが」という言葉が多い。マザコンを確信した。
  • レストランで店員にエラそうな態度をしているのを見た。彼氏はそれをカッコイと勘違いしている。
  • 付き合ってまだ間もないのに、間接的に結婚や子どもの話をしてくる。
  • セックスのとき異常なプレイを要求された
  • 食べ方が汚い。口にモノを入れたまましゃべる。
  • 彼氏が神経質すぎて、一緒にいると疲れる。

この中には、明らかに男性の方が問題なのもありますね。

ただし男性の行動がそれほど目に余るほどヒドいわけでもないのに、女性は男性を嫌いになってしまうことがあるのです。

急に嫌いになる女性の心理・極端な結論づけ

嫌い03

例えば、このような例。

彼が私との約束よりお母さんとの約束を優先した。
→私よりお母さんのほうが大事なのね。

彼が男友達との約束が先だったからと、私との方を後回しにした。
→私より友だちの方と遊ぶほうが楽しいのね。

このとき、彼氏には彼氏なりに理由があったのかもしれないんです。

例えばお母さんが急に具合が悪くなったとか、お母さんと前々から約束をしていた、久しぶりに会う男友達との約束で断れないという事情があったとか、などなど。

おそらく彼氏はそれを彼女に説明しているはずですよね。

しかしそのとき彼女は、私のことを大切に思ってくれない!と感情的になってしまうのです。

それも一方的に決めつけてしまって、彼氏を嫌いになるのです。

こうなってしまうと、この彼女の下した判断というのは決して元に戻りません。

心理学ではこれを「認知の歪み」といいます。

特に物事を極端に結論づけてしまうことを「白黒思考」と言っています。

つまり女性にとって、

    好きな人は徹底的に好き
    嫌いな人は徹底的に嫌いいます。

ということになっているわけですね。

しかし現実に本当にそうでしょうか?

    好きな人の中にも嫌いな部分があります
    嫌いな人の中にも好きな部分があります

白黒思考になってしまうと、中間にある「あいまい」を受け入れられず、感情的に判断を下してしまいます。

このあいまいさを受け入れられることが大事ですね。

急に嫌いになる女性の心理・感情的に判断してしまう

嫌い!02

女性は感受性が強く、男性に比べて感情で物事を判断しがちですね。

そこには女性の脳の構造に秘密があります。

女性の脳は、感情をつかさどる領域が右脳と左脳両方に広く配置されているため、思考が動きだすと同時に感情も動き出すのです。

つまりいろいろと頭の中で考えているうちに、快か不快かという感情が生まれてきて、感情に左右されて判断基準が影響されるのですね。

女性が生理的に嫌いという理由で男性を嫌ってしまうというのはこのことなんです。

それまで普通に付き合いをしていても、あるとき彼氏の嫌な部分を見てしまったら最後、もう生理的に受け入れられないというようになってしまうのです。

急に嫌いになる女性の心理・相手への期待値が高い

素敵!01

女性が彼氏に対して期待値が高いのも理由のひとつです。

女性が男性を見るとき「この人と気が合いそう」とか「この人が好きになるかも」とかと考えていると、女性の心の中では、男性に対して次のようなプラスの見方をしています。

  • とても素晴らしい人
  • とても優しい人
  • とても頼れる人

男性に自分の理想の彼氏を重ね合わせて期待するんですね。

しかし現実の男性がそんな女性の高い理想に合うのでしょうか。

常に男性と自分の理想の男性とを常に重ね合わせて比較してしまうので、そのギャップに不満を感じますよね。

さらにこの不満が積もり積もることで最後に不満が大爆発して、彼氏を大嫌いになってしまいます。

急に嫌いになる女性の心理・嫌われた男性はどうすればいい?

悲しい男性

女性から一方的に嫌われてしまった男性はどうればいいでしょうか。

こういった女性というのは、一度判断を下してしまったら最後、二度と判断をくつがえさないので、難しいと思います。

なんとか関係を元に戻そうとすればするほど、女性と接触をしようとすればするほど、女性からストーカー呼ばわりされてしまう可能性がありますよ。

とても残念に思うかもしれませんが、ここは潔く諦めたほうがあなたの身のためです。

違う女性との出会いを探しましょう!

女性との別れを受け入れて、新しい恋を見つけましょう!

急に嫌いになる女性の心理・急に嫌いになりやすい女性のあなたへ

女性恋人募集中

急に嫌いになりやすい女性のあなたへお伝えしておきたいことがあります。

今回ご紹介した、女性特有の心理がお分かりいただけたでしょうか。

もしお付き合いをしているときに、あなたの心の中で「この人嫌い!大嫌い!」信号が発動したなら、自分の心の内側に聞いてみることをおススメします。

「本当にこの人が嫌いなの?」「それって本当なのかな?」

自分の直感が正しい場合が圧倒的に多いことも事実ですが、そうはいっても一時的な感情で男性との関係を次々に切ってしまっているのでは、あなた自身が心身共に疲れてしまいますよ。

大事なことなので覚えておいて欲しいのですが、男性には高い期待や理想をしすぎないようにしたほうがいいです。

キラキラした理想もステキだしとてもよく分かるのですが、そんな目で男性を見たらどんな人でも色あせて見えてしまいます。

「今この目の前にいる彼氏そのもの」、現実の存在をよく観察してみてはいかがでしょうか。

まとめ・急に嫌いになる女性の心理|彼氏に興ざめする理由とは?

いかがでしたでしょうか。

急に女性が嫌いになる心理をご紹介してきました。

女性特有の「認知の歪み」、「白黒思考をしやすい」という特徴がありました。

白黒思考をしてしまうのは、女性が男性よりも感受性が強く、物事を感情的に判断してしまうからでした。

さらに女性独特の脳の構造があります。

右脳と左脳の両方に感情をつかさどっている領域があるので、思考が働きだすと一緒に感情も動いてきて、その感情に左右されやすいのです。

この特徴を女性自身も知らないので、訳も分からず判断してしまうのですね。

無意識に働く女性の心理をご理解いただくことで、自分自身の感情をコントロールすることも可能です。

この意識を頭の中にちょっと入れておくだけで、今以上にステキで最高な人間関係を築けるようになるでしょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

そういえば私の経験でもありました。

私の元妻の例。

今まで仲良くしていたママ友が急に嫌いになったとブツブツ文句。

よく理由を聞いてみると、態度が気に入らないとか、私をバカにした態度をとるとか、言ってます。

「ふーん、そうなの、本当?そんなことする人じゃないと思うけど」と話しておきましたが、しばらくしたら元妻の勘違いだったということが分かりました。

他にも私に対して「あの人に対するあのモノの言い方は何なの。失礼じゃないの」と言われてびっくりしたりしたことも・・・。

私としては相手をバカにした言い方なんてしてないと思うんですけどね、元妻にしてみたらカンにさわったみたいです。

ホント、女性は難しいなと思いました。男性の考え方しか知らないと、女性の気持ちは理解できないです。

あの時、女性特有の心理を知っていたらもう少し上手くやれたかもしれませんね。

今こうやって心理学を学んでいるおかげで、当時のことを思い出す度に、なるほどこういうことだったのかと納得しています。

心理学は毎日を生きるためにとっても役に立つ知識ですよ。

もしよかったら、みなさんも心理学を学んでみてください。

あなたの人生を変えるかもしれません。



コメントを残す

*