未分類

悲観的な思考から抜け出すには|失敗から立ち直れない人へ

この木なんの木気になる木

自分はもう何をやってもダメな人間だ。

自分は失敗ばかりで、無理に決まってる。

あなたは失敗したとき立ち直りが早いでしょうか。

それとも、いつまでも思い出してはくよくよと引きずってしまうほうでしょうか。

もしも、いつまでも気分を切り替えられないならば、次の新たな行動をスタートできません。

一度の失敗から自分がすべてがダメだと思ってしまうのは、とてももったいないことなのです。

あなたが失敗から立ち直れないのは、これから先が今より悪くなってしまうかもと悲観的な思考をしてしまうことが原因です。

そこで今回は、悲観的な思考から抜け出し、楽観的な思考になるための方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


悲観的な思考になるのはなぜ

ストレス03

アメリカの心理学者セリグマンは、悲観的な思考をする人は、一時的な失敗を「ずっとこうだった」「いつも失敗している」と長く続いてしまうと思い込んでいると話しています。

例えばこんな例がありますね。

就職活動で面接に何度も落とされ続けている人

  • 「自分は会社員に向いていない」
  • 「就活を続けたって上手くいかない」

たまたま上手く行かなかっただけで、もう少し頑張れば見つかるかもしれません。

他にも就職以外の方法はないだろうかと考えることだってできます。

恋愛で失敗してしまった人

  • 「誰も私を相手にしてくれない」
  • 「私はもう恋愛できない」

実際は、たまたまその人と上手く行かなかっただけのことです。

今回は縁がなかった、次の出会いがあると考えて、後に引きずらなければいいのですが、自信をなくして前向きに考えられなくなってしまいます。

悲観的な思考になる原因は、認知の歪み

工場の煙突群

悲観的な思考をするのは、私たちに「認知の歪み」という物事のとらえ方を歪めている思い込みがあるからなのです。

心理学では「認知の歪み」の10パターンをあげています。

この中にあなたの考えやすいパターンはあるでしょうか

認知の歪み1.白黒思考

物事に対して「白か黒か」という極端な発想しかできない。

認知の歪み2.一般化のしすぎ

1つか2つのミスで、「次も絶対に失敗する」と思い込む。

認知の歪み3.心のフィルター

ちょっとした欠点に気を取られる

認知の歪み4.マイナス化思考

何でもないことや、良い出来事まで、悪い出来事だったと自分ですり替えてしまう

認知の歪み5.結論の飛躍

根拠もなく、悲観的な結論を出す

認知の歪み6.拡大視と過小評価

自分の短所や失敗を深刻にとらえ、自分の長所や成功を些細なことと考える

認知の歪み7.感情的決めつけ

そのときの感情で出来事を決めつけてしまう

認知の歪み8.「〜すべき」思考

「〜すべきだ」「〜すべきでない」と考える

認知の歪み9.レッテル貼り

自分に対して、ネガティブなレッテルを貼る

認知の歪み10.自己関連づけ

責任が自分にないにもかかわらず、自分のせいだと思い込む。

このような「認知の歪み」があると、悲観的に物事をとらえてしまい、失敗からいつまでも立ち直れなくなってしまいます。

悲観的な思考のわかりやすい例・コップに半分入った水

コップの水

悲観的な思考の人と、楽観的な思考の人のモノのとらえ方の違いを表すためによく使われるのが「コップに半分入った水」です。

コップに半分入った水をどのようにとらえるかで、悲観的なのか楽観的なのかが分かるのです。

悲観的な思考の人

悲観的な思考の人は「水が半分しか入ってない」と考えます。

不満・不機嫌などの感情に支配されています。

楽観的な思考の人

楽観的な思考の人は「水が半分も入っている」と考えます。

満足・うれしい気持ちなどの感情で満たされていて、不安を感じていません。

悲観的から楽観的思考になるには、見方を変えること

つまり、このコップの水のとらえ方のように、今までの悲観的思考から楽観的思考へとすべて応用してみるのです。

「〜しかない」のところを「〜もある」に置き換えてみます。

そうすると、これまで不満だったことが満足に変わってきます。

悲観的な思考よりも、楽観的な思考の人のほうが絶対いい!

楽観的な人のほうが、仕事や人間関係で上手くやっていることが多いのです。

また健康の面でもプラスに働いて、風邪をひきにくくなったり、ガンになったとしても有害な細胞をやっつける細胞が活性化する、自殺が少ない、離婚が少ないなどが分かってきています。

悲観的から、楽観的な思考になるためには1.心理学の教えでは

悲観的な思考になってしまう自分から抜け出したいと思うなら、「絶対にうまくいく」「解決できる」という信念を持つことです。

さらに「どうせ〜できない」「やってもムダ」「無理に決まってる」という言葉は使わないようにしましょう。

今まで使っていた言葉を変えることがまず大事なのです。

これまで使っていた言葉には「悲観的なイメージ」がくっついています。

さて、ここであなたは、この方法をありきたりで教科書的な意見だと受け止めているのではないかと思うのです。

「そんなことは、今までも考えてきた。それでもできない」

確かにその気持ちは分かります。

でも、本当に実践してきたでしょうか。

いくら頭で分かっていても、それを実行に移していないと変わらないんですよ。

もしまだ不安でしたら、私が今実践している方法もご紹介しましょう。

悲観的から、楽観的な思考になるためには2.私の実践例

小島秀樹

悲観的な思考をしてしまうのは、先程説明した「認知の歪み」があるからでしたね。

悲観的な思考をするのは、自分の思考のクセなのです。

いつも何か出来事が起こったとき、「認知の歪み」が発動してしまうため、悲観的な思考になってしまうのです。

自動で働く思考のプログラムが頭の中で動いていると考えてみてください。

この習慣となっている悲観的な自動プログラムを習慣で変えていけばいいのです。

その方法はどのようにすればいいのでしょうか。

楽観的思考に変わる方法・アファメーション

悲観的な思考をする頭の中の自動プログラムを変えるには、「アファメーション」という方法を使います。

やることはいたって簡単です。

自分の望む姿を自分がもうすでに達成していることとして、毎日口に出して言うのです。これを毎日繰り返します。

頭の中の自動プログラムを書き替えるには、この毎日の習慣が大事なのです。

コンピューターのプログラムも問題点があるときは、新しいプログラムに上書きすることで、改善させます。

これを人間にも応用してみるのですね。

書き換えて新しいプログラムにすることで考え方も行動も言葉も変わってくるのです。

就活の場合のときには

「自分は会社で元気に活躍している。みんなから頼りにされている」

恋愛のときには

「私は素敵な人と楽しくお付き合いをしている」

アファメーションでは毎日、言葉を唱える

先程の例のような言葉を毎朝、起きたときに何度も唱えます。

そして、もうすでに自分が達成しているイメージも頭の中に思い浮かべます。

注意しておきたいのが、「~になりたい」「~したい」という言葉を選ばないことです。

これらの言葉は、「今まだ実現していないから願う」という形になっています。

でもこの言葉ではよくならないのです。

「今まだできていない」部分にフォーカスされてしまうからです。

ですから「すでにもうできてしまっている」として、言葉を選んでみてください。

そんなこと言っても・・・

「まだできてもいないのに、そんなこと考えられない」とか「そんな魔法の呪文みたいなのは信用できない」と思うかもしれません。

でも、やってみなければ分からないと思いませんか。

自分がすでにできていると肯定している言葉を口にすること、自分がその通りの人間だと思うことだけの簡単な方法なのです。

悲観的から、楽観的な思考になるためには、できなくても自分を責めない

心構え

悲観的な思考をする人の特徴は、失敗したときにいつも自分を責めているのではないでしょうか。

  • なぜこうなってしまうのか
  • どうしてやってしまったのか

しかしです。自分を責めたって自分は変わらないんですね。

自分を責めても悲観的な思考になって悲しいだけで、なにも良くならないのです。

私もかつては自分を責めまくっていましたよ。ですが何も良くなりませんでした。

かえって、失敗にとらわれて、また同じ失敗を繰り返していました。

私のメンター黒澤全(くろさわ・ぜん)先生は、私にこのように教えて下さいました。

「うまく行かなくても、自分を責めないことです」

「失敗しても深刻に考えない、自分はできると考えてください」

私は失敗したとき、毎回この言葉を思い浮かべています。

そして、新たな次のチャレンジをしています。

まとめ・悲観的な思考から抜け出すには。失敗から立ち直れない人へ

いかがでしたでしょうか。

今回は、悲観的な思考から抜け出し、楽観的な思考になるための方法についてご紹介してきました。

いままで、悲観的な人のマイナスな点ばかり挙げてきたかもしれませんが、実はこのマイナスな点も長所として見れば、とても素晴らしい才能なのです。

まず最悪の事態を回避する才能があります。

この才能は、リスクを特定しそれを避けることで成功できるのです。

さらに悲観的思考の人は人見知りかもしれませんね。

でもこれだって優れた才能です。

人を観察したり、人の話を聴いたりするのが得意なことが多いのです。

ですから、悲観的になって何も行動できなくならないようにすればいいだけなのですね。

やれば必ずできます。大丈夫。心配しないで。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

私は、黒澤全先生にお会いしてから、ずいぶんと自分の考え方が変わったなあと思います。

黒澤先生から最初にアドバイスされたのが「悪い方向へ妄想しないこと」です。

私の体質上、悪い方向へ妄想しやすくて、起きもしないことを心配してしまうことがありました。

そして起きもしないことを心配していると、実際にトラブルが起きてしまうのです。

黒澤先生のお話では、「自分で心配事を引き寄せているんですよ」ということでした。

ですから悲観的に考えてしまうのは「自分から悲観的な方向に向かっている」ということになります。

もうやめましょうね。私も、やめました。

たまに出てくることもありますが、そこは「アファメーション」と「自分は大丈夫」で乗り切っていますよ。

最後にお知らせです。

私のメンター黒澤全先生は、無料でメール講座を開催しています。

この下に紹介していますので、もしよかったら、ご覧になってみませんか。

メンターの無料メール講座

 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*