未分類

未練がましい男の心理|悲しみを軽くできない男とは

夕日に向かって進むヨット

恋人と別れたとき、男女では大きな違いがあります。

女性だったらつぎのような行動をするのではないでしょうか。

恋人と別れて号泣した。

別れの辛さを友人とひと晩中語り明かした。

女性は、辛さや悲しみを上手に表に出して、自分の中で少しずつ辛かった感情を解消していきます。

一方男性の場合はどうでしょうか。

感情を見せない男性の方が、精神的にタフそうに見えますよね。

しかし、実際のところ全然そうじゃないのです。

男性の方が感情をコントロールするのが下手なのです。

なぜ男女でこのような違いが生まれてしまうのでしょうか。

今回は、別れても未練がましい男性の心理という内容で、男性の心理について紹介していきたいと思います。

未練がましい男、失恋のショックはどちらが大きい?

泣く女性

イギリスの社会学者パートリーの出した研究結果があります。

18歳から23歳までの未婚男女千人を調査してみたところ「男性のほうが失恋ショックが大きい」ということがわかったそうなのです。

女性の方が男性より失恋しても、精神的にタフなのですね。

もともと女性は自己開示(自分の内側を他人に告白すること)が得意なのです。

ですからこのような辛い場面でも自己開示して感情を上手に吐き出していきます。

相談にのってもらう、悲しみを和らげてもらう、話を聞いてもらう、慰めてもらうなど、自分の気持ちを他人に話すことができるんです。

女性はこのように自分の話をしていく過程で気持ちを整理し、次第に立ち直っていくのです。

男が未練がましくなる理由は

樹木

しかし男性は女性のように上手にできません。

男性はもともとひとりで全部を抱え込んでしまう傾向があります。

それに男性は、友人とも競争関係にあることが多いので、友人に自己開示することができません。

また、自分の感情を素直に表現することができません。

弱音を吐くなんてそんな恥ずかしいことはできない、プライドが許さないと思っています。

特に大きな失恋や離婚を経験すると、愛情を向ける対象がなくなってしまいます。

心理的ストレスが大きくなっているのに、男性はいつまでも別れた時の辛い感情をしまい込んでしまうのです。

ですから男性はネガティブな感情を心の中にいつまでも残し、その感情はいつまでも消化できないでいます。

男性が未練がましいのは、自分の感情を整理できないからなのです。

未練がましい男は仕方がない?

ヨットハーバー

私の友人には何人か離婚経験者がいます。

女性の方は、もう心の整理がついているのか離婚についてサラッとした態度でいました。

しかし、男性はほとんど離婚についての話をしません。

私が離婚したことを知って、それからようやく自分の思いを話し始めるというような感じでした。

話を聞いていると、離婚経験で味わった苦しみを未消化のままずっと引きずっていました。

私も男ですので同じです。その気持ちがよく分かります。

私も元妻や子どもたちに会いたい気持ちが強くなっていたときがありました。

私も未練がましい男なのか?

夕日にたたずむ男性

私は元妻と別居して5年、離婚が成立してからもう3年過ぎましたが、これまで心のどこかで、離婚の時の感情が整理できずに引きずってきました。

つい最近まで子どもたちのことを思う気持ちが強くなりすぎて、心のバランスを崩しそうになっていました。

そのことを私のメンター 全(くろさわ・ぜん)先生に相談することにしました。

 先生は「どうするかは自分で決めてください」と話します。

そのとき 先生に依存しそうになっていたのですね。

しかしこれは自分で解決しないといけない問題なのです。

「元妻に手紙を書いて連絡します」と私は 先生の前で話しました。

元妻への手紙は

そう入ってもなかなか手紙は書き出せません。

自分の気持ちを全然整理できなかったんですね。

まだ何となく相手を悪く思う気持ちが強かったかもしれません。

そんなときメンターが話していた「積極的に負ける」という言葉を思い出しました。

自分が勝とうとすればするほど、相手からの反発が強くなるということです。

「元妻といまさら争ってどうにかなるのか?」

このように考えると心が決まりました。

手紙をなんとか書き上げて、元妻に送りました。

しかしいまだに相手から返事はありません。

でも手紙を送ったことで、私の心の中では整理がついてきました。

いままで恋い焦がれるような気持ちも落ち着ついてきました。

私は、自分だけが子どもに会いたいという気持ちしか考えず、つまり自分の都合でばかり考えていたのですね。

子どもの側から考えてみたら、本当は会いたくないと思っているか、会いたくても心の準備が整っていないのかもしれないのです。

ですから子どもが会いたいと思えるような時期が来るまで待っていようと思います。

子どもが私を頼りにしてきたときには、出来る限りの手助けをしたいと思います。

ところで、私の女々しい手紙を読んでみますか?

自分でも今読み返してみて、なんて未練がましい男なんだろうかと呆れてしまいました。

この際、恥を思い切りさらして、さっぱりしてしまいたいと思います。

未練がましい男から、元妻への手紙

拝啓

皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

今回突然このようなお手紙を差し上げまして、大変驚かせてしまったでしようか。

いつもあなたには、子どもたちを大切に育ててくださり、心から感謝しています。

本当にありがとうございます。

子どもたちはみな、元気で暮らしているでしょうか。

子どもたちの様子がわからず、ずっと寂しい思いをしています。

現在私は両親の元を離れ、ひとりで暮らしています。

ひとりになって思うことは、私の中の最も大切な思い出、家族全員んで仲良く暮らしたあの頃を、大切にしたいという気持ちです。

本当に毎日が楽しく、笑いの絶えない素敵な家族でした。

しかし、5年前に起きてしまった出来事で、私の心はいまだに癒えずにいます。

あのような苦しく辛い別れ方、私が一方的に家を出てしまったことは、私の中で最も悲しいことでした。

さらに、あなたや子どもたちにはどれほどの苦しみや不安、悲しみを与え、心を傷つけてしまったかと思うと、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいなのです。

正直もう二度と顔を合わせられないと思い続けてきました。

みなさんに会いたい気持ちをずっと我慢してきました。

今ごろ何をしているのだろうか、元気にしているだろうかと、ずっと心配でした。

そして、私がひとりになって、よく考えてみた中で出てきたのが、このままの状態ではいけないと思うことでした。

あなたや子どもたちと会ってもう一度、話をしたいのです。

特に子どもたちには、これまでの経緯についてきちんと謝罪したいのです。

時間を巻き戻すことはできませんが、まだ将来があります。

未来に向けてもう一度、あなたや子どもたちと交流できるチャンスを与えていただけないでしょうか。

何をいまさらと思っていることでしょうね。

もう終わってしまったことだから、そっとしておいて欲しい気持ちなのかもしれませんね。

ただ、私の願いは、未来に向けてずっとよい関係を保っていきたいということなのです。

もし、あなたが私に対してほんの少しでも気持ちがありましたら、あなたや子どもたちと会える機会を作っていただけないでしょうか。

もし会えるのならどんなにうれしいことでしょう。

ぜひとも再会の機会が訪れますことを願っています。

お返事をお待ちしております。

敬具

まとめ・未練がましい男の心理・悲しみを軽く出来ない男とは

いかがでしたでしょうか。

今回は、別れても未練がましい男性の心理という内容で、別れた後の男性の心理について紹介してきました。

恋人と別れた、離婚したとき、男女では大きな違いがあります。

女性は、自分の内面を自己開示して、別れた時の辛さや悲しみを心理的に軽くしていくことが出来ますが、男性は、ひとりで全部抱え込んで、ずっと感情を消化できず、未練がましく引きずってしまいます。

でも男性だって、もっと感情を出してしまえばいいわけです。

弱みを見せられないとか、プライドが許さないなんてやめるべきです。

感情を抑え込めば抑え込むほど、自分が辛くなっていきます。

自分の体験を含めて記事を書いてみました。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

心理学は毎日を生きる術(すべ)・心のゆらぎを受け止めてみよう

人生いろいろあります。

これまで私は人生を安定に向かわせようとしていましたが、ある時期にバランスを大きく崩してしまいました。

心理学で使われる言葉があります。

「中年期の危機」というものです。

人生の折り返しに地点になると、これまでにない変化が起きます。

体力や気力も下がってきて、若いときみたいに活動できなくなってきます。

どうもこの時期には、それぞれどんな人でも何かしらの変化が出てくるということですね。

この時期に、仕事では先がもう見えてきたり、老後が気になったり、親の介護が始まったり、子どもの社会人になってからのことなんかも心配したりするようになります。

自分を見直す時期に来ているいうことです。

まあいろいろあっても、こうやって生きているんですから、儲けものかもしれませんね。諦めないことでしょうね。

 

今回も自分を見つめ直す良い機会になりました。

コメントを残す

*