生き方を考える

辛い過去に苦しむあなたへ。過去の呪いから解放されましょう

過去からの解放

これまで辛い過去を背負って苦しんでいるあなたへ。

いつも辛い過去を思い出して苦しいですよね。

誰にも言えないことをずっと心の底に閉じ込めていて本当に辛い。

これが全部なくなってしまったらいいのに。

このようにお考えかもしれません。

そこで私がお役に立つかどうか分かりませんが、私のしている方法、過去の呪いから解放される方法をご紹介したいと思うのです。

ちょっとのお時間ですけど、お付き合いいただけましたら幸いです。

スポンサーリンク


辛い過去に苦しむあなたへ、幸せになる勇気からの引用

今回はアドラー関連の書籍「幸せになる勇気」の引用から始まりますね。

人間は誰もが「わたし」という物語の編纂者であり、その過去は「いまのわたし」の正統性を証明すべく、自由自在に書き換えられていくのです。

・・(中略)・・

人は、過去に起こった膨大な出来事のなかから、いまの「目的」に合致する出来事だけを選択し、意味づけをほどこし、自らの記憶としている。逆にいうと、いまの「目的」に反する出来事は消去するのです。

(「幸せになる勇気」より引用)

最近脳科学の研究が進み、脳の中でどのように記憶がされているのかが解明されるようになってきました。

アドラーが生きていた時代、脳科学などという研究分野があったかどうかよく知りませんが、実際に最近の研究では、本当にアドラーが言っているように記憶されているそうですよ。

それを考える上で参考になる例があります。

辛い過去といっても、記憶はあやふやなもの

鳥羽水族館周辺

30年も前になりますが、かつて私が勤めた会社の仲間数人で旅行をしたことがあります。

とても楽しいイベントでした。

最近30年ぶりに全員と再会する機会があり、この旅行の話が出たのですが、思い出の内容がそれぞれ各人で違うのです。

もっともかなり古い記憶ですから曖昧になっていたのは仕方がありませんが、同じ出来事に対して、それぞれが違う見方をしていたり、記憶が全く違っていたりしていて、とても興味深く思いました。

つまり、それぞれ自分の都合で記憶を勝手に変えていると分かったのです。

ですから、自分の苦しんでいる辛い過去も、本当の過去とは違っているかもしれません。

つまり辛い過去だって「自分の都合で作られた過去」かもしれないっていうことなんです。

辛い過去は消せない

消去できない

辛い過去の記憶は心理学的見地から言っても次のような特徴があります。

  • なかったことにしてしまうことができない
  • 忘れてしまうことができない
  • ずっと受け入れられない

しかしこの事実に目をそむけている人が少なからずいるのです。

  • いつか時間が経てば癒やされるはずだ
  • いつか受け入れられるようになるはずだ
  • いつか忘れられるはずだ

心の傷が深い人の中には、このように考えて頑張ってしまう人が多いようです。

しかし、このように考えているといつまでも過去の呪いから解放されません。

かつての私もそうでした。

この方法では絶対に消えないのです。

かえって精神的な苦痛が大きくなってしまいました。

この方法には無理があります。

辛い過去を忘れようとするほど、過去が強化される

忘れよう、受け入れられる、癒されると願いつつも、同時に過去の辛い記憶を何度も何度も繰り返し思い出してしまうからなのです。

過去の辛い記憶を繰り返し思い出していると、脳の中では、辛い過去の記憶が強くなったり、その記憶に接続しやすくなったりするのです。

そして何かちょっとした情報や刺激があるだけで、過去の記憶に無意識に接続してしまい、そのときの感情に引きずり回されてしまいます。

私のメンターがおっしゃっている言葉です。

「自分の辛い過去を思い出すことで、自分を傷つけて気持ちよくなっている。」

もしこの言葉を読んであなたが傷ついてしまったのなら、ゴメンナサイ。

でもこれが事実なんです。

私も同じように自分を傷つけて気持ちよくなっていたんだと思います。

人間ってどういうわけか自分を傷つけたがるんですね。

身体を傷付ける人もいますが、自分の心を傷つけてしまうんです。

私もこれまでずいぶん自分を傷つけてきたなあと思います。

自分の決めた基準に到達できないとき、自分に対して「なんでできないんだ」「だめなヤツだ」と自分自身を責めてきました。

完璧主義な性格で、絶対にうまくできないとダメだと自分を叩きのめしてました。

ほかにも失敗した過去の辛い記憶を思い出しては、「なんであのときあんなことをしてしまったのだろう」「なんて自分はダメなんだろう」「どうして自分はできないんだろう」と責めてきました。

ほかにも、楽しそうな家族連れを見ると、自分の過去の記憶に接続してそのときの自分の感情を思い出して苦しくなる、あるいは、人々の出勤していく様子を見て、かつてのように働けなくなった自分を責めてしまう、など、もっとたくさんありました。

小学校、中学校、高校、大学、社会人になって、結婚して、子どもが生まれて、夫婦仲が悪くなって、離婚して、仕事を辞めて、考えてみればず〜っと辛かった過去の記憶ばかり思い出しては、自分を責めていました。

辛い過去・この記憶との接続を遮断する

踏切

現在、過去の辛い記憶をどのように楽にするか、消し去るか、薄めるかなどの方法がたくさん出回っていて、どれを選んだらいいのか分からなくなってしまいますね。

私もずっと苦しんできましたが、私のメンターに、いろいろとお話をうかがう中で「過去の記憶と接続を遮断すること」を勧められました。

これは究極の方法だと思います。

  • なかったことにするのでもなく
  • 忘れるのでもなく
  • 受け入れるでもなく

これまでとは違ったアプローチです。

「過去にこだわるよりも、これから先の未来を見ていきましょう」

「過去を見たままで後ろ向きに歩いているから転ぶんですよ」

「前を向いて歩いていると、新しいチャンスをつかめますよ」

というのが、メンターのアドバイスでした。

「つまり辛い過去を思い出さない」と決めることです。

忘れよう、消し去ろうという考え方ではありません。

とにもかくにも、辛い過去を思い出さないことです。

辛い過去を思い出さないために、する行動とは

1.辛い過去を思い出すようなモノを処分する

ごみ箱に捨てる

もしあなたの周辺が、辛い過去を思い出すモノばかりでしたら、処分してしまったほうがいいですね。

私もこれまで役に立たないようなものまで大事に保管していましたが、すべて処分してしまいました。

モノがなくなると、辛い記憶との接続が少なくなります。

2.辛い過去を思い出すような場所を離れる

あなたの住んでいる場所が、辛い過去を思い出してしまう場所でしたら、全く違う場所に移住することをオススメします。

私もこれまでいた場所は、辛いことを思い出してしまうので、思いっきり全然関係のない場所に移住しました。

全く見ず知らずの土地でしたが、これまでの人間関係の面倒なしがらみがなく、とても自由な気持ちになりました。

人間関係をリセットしてしまうと、辛い過去との接続が減ってきます。

3.辛い思い出をしなくなる、メンターに出会う

沖縄の海

自分ひとりでなんでも全てやりこなそうとすると、かなりの精神力が必要となります。

それに、自分が今どの道を歩いているのか分からなくなり、道に迷ってかえってひどい事になったりします。

メンターは自分の方向がズレていないか、自分が望まない方法に向かっていないかを教えてくれる存在です。

私の場合は、幸いにもメンターに出会ったおかげで、ドブにハマらずに済みました。

私は今も、過去からの離脱をテーマに現在進化中です。

過去の呪いから解放されましょうなんて書いちゃいましたが、そんなに過去は恐ろしくありません。

自分から過去に向き合っていかないようにしていけば、自然と前を向いて歩いていけます。

まとめ・辛い過去に苦しむあなたへ。過去の呪いから解放されましょう

いかがでしたでしょうか。

記憶にまつわる話は、複雑怪奇でわかりにくかったかもしれませんね。

ただ覚えておいてもらいたいことは、過去の記憶に縛られるよりも、これからの将来の方を見てほしいということなのです。

まだそんな気持ちにならないかもしれません。

そうですね。ちょっと前の私がそうでした。

 

でもそれは時間をかけてゆっくりと解決していくものです。

ですからあまり心配しないでくださいね。




コメントを残す

*