未分類

ムカつく奴を黙らせる|相手をこれ以上増長させない心理法6つ

ムカつく相手を黙らせる!

私たちの周囲にまとわりついてくる、のべつ幕なし怒鳴るパワハラ上司、執拗に不当な要求をする悪質クレーマー、ネチネチと意地悪をいうおバカな同僚、皮肉やイヤミのオンパレードな連中。

わがままな人達ほど、こちらを舐めてかかり、他人を罵倒し恫喝して、意地悪な言葉を投げつけて、相手の心を傷つけて平気でいます。

しかしながら、こういう人たちに対していつも相手の言いなりになってしまう、下手に出て萎縮するなどの弱々しい態度をしていると、相手がますます増長してしまうのではないでしょうか。

そんな時こそ「不当なモノ言いで来るなら、こっちも黙っていないぞ」と手強い存在であることをアピールできると心強いですよね。

苦手な人物、イヤな相手のなかでも、あえてわざわざ仲良くなる必要のない相手に対しては、攻撃に対する防御=護身術として、心理学のテクニックを使う方法で対処してみてはいかがでしょうか。

そうすれば、相手から攻撃を受けたときに、動揺しないで対処できます。

今回は「ムカつく奴を黙らせる方法」についてまとめてみました。

あくまでも相手の挑発行動に対してひねったり、ねじ伏せたりといった言葉による返し技で、相手の攻撃に対処します。

相手からの攻撃を直ちにやめさせるのが目的の対処法になっています。

ある意味劇薬ですから、相手に対する宣戦布告として使わないでください。

そうでないと後々相手と仲良くなろうとしたとき、修復が不可能になる場合がありますので、ご注意ください。

スポンサードリンク


1.ムカつくヤツを黙らせるには、相手のペースに乗らない

のんびり亀さん

人は相手のペースに乗ってしまうときがあります。それは相手から攻撃されたときです。

パワハラ上司が怒鳴ってきた時に、こちらから萎縮してペコペコ頭を下げてしまうのがそうです。

また意地悪な人が、イヤミな言葉をぶつけてきたのに黙ってしまうのもそうです。

不当な言葉であるのに、相手のペースに乗ってしまうのはよくありますよね。

しかし、不当な言葉は黙って受け流さないことです。

相手に不当な言葉だと分からせて、やめさせないといけないのです。

ですから、そのためにはこちらも腹を据わらせる鍛錬を積んでおく必要があります。

例えば、いきなり大声で誰かから罵声を浴びせられたり、突然意地悪な言葉を言われたりしたら、誰だって瞬間的に体が硬くなってしまいます。

心臓はドキドキ、息を飲み込み、瞬間呼吸が止まり、つばをごくりと飲み込むでしょう。

これらは私たちが人間の持つ本能が自分を守るために反応した結果です。

でも、不当な言葉の暴力を受けて萎縮したままだったり、黙ってオドオドしていては、ますます相手に舐められてしまいますね。

まず、次のような方法で硬直した体を脱力しましょう。

硬直した体を脱力する方法

1.大きく息を吸う

大きく息を吸い込みましょう。お腹いっぱいに空気を吸い込むと、腹が据わります。

ゆっくり息を吐き出して、そのまま深呼吸を続けます。

2.体から力を抜く

肩や硬直した体から、力を抜くようにしていきます。

3.目を細める

相手の顔を、目を細めるようにしながら、遠くを見つめるように眺めます。

落ち着いて行動すればできます。

この3つの手順は、緊張している脳に、リラックスする信号を送る動作です。

相手が何かを言ってきても、自分が冷静になれるまで黙ったままで構いません。

2.ムカつくヤツを黙らせるには、沈黙を武器にする

口をきかない

ムカつくヤツほど、他人を挑発し、怒らせるのが目的で心ない中傷をしてくるといった特徴があると思います。

例えば、

「お前、何やってんだよ、ドジだねえ」

「お前、ダサいやつだな、だからだめなんだよ、ははは・・・」

何のため?と考えてみれば、ムカつくやつの心の中に不満の種が渦巻いていて、こうした暴言を吐いて他人を傷つけ、溜飲を下げることが目的なわけです。

「だまれ、ほっといてくれ」なんて切り返してしまうと、待ってましたとばかりに相手の餌食になってしまうものなのです。

「お前のトロさに呆れて、注意しただけだよ、マヌケ!」

相手から、さらに噛みつかれてしまいます。

相手は挑発して怒らせ、なぶりものにして楽しむことが目的です。

そんな相手の思惑に乗らないために、こういう手合に関わってしまっては愚の骨頂なわけですね。

こんな時は「沈黙」武器にしましょう。

沈黙で相手に対抗する方法

1.悪口を言われても最初から言い返さない

先程紹介した深呼吸で、体から緊張を取り脱力します。

2.細目で相手に一瞥を与える

先程紹介した目を細めて相手を遠くに見るようにします。

3.聞こえよがしにため息をつく

「フーッ」と聞こえよがしにため息をついてやります。

同時に「お前、またかよ」といった憐れみに満ちた表情をとります。

もし怒りが収まらないなら、その場を無言で立ち去ります。

ひと言も発さずに、無表情になって相手を軽蔑した表情をとれば、相手に無言の圧力をかけます。

「沈黙」は防御というよりも、時間が経過するとともに、攻撃の効果すらあるのです。

「アイツ何を考えているんだ?だいぶ怒ってたな」

反応がないのが、次第に相手にとっては不安な心理となってはね返ってくるのです。

3.ムカつくヤツを黙らせるには、冷静にありのままの現況を伝える

お静かに

こちらを挑発したつもりなのに、応じてくれなければ相手は拍子抜けしますね。

こちらの心が読めないもどかしさに、相手には不安な心理が高じてくる、ということです。

確かに相手の言うことにカチンときたけれど、おバカな人の言うことには一切付き合わないという冷静な態度なわけです。

さらにもうひとつ、対処方法があります。

冷静にありのままの現況を伝えるという「現況の指摘」の方法です。

大声をあげて迫る相手などに使うと効果的な方法です。

現況の指摘で相手に対抗する方法

上司:このバカヤロー!やる気あんのか、お前は!

部下:部長。大声を出さないでください。十分聞こえております(冷静)

お客:コノヤロー!どーしてくれるんだ!お前のせいだぞっ!

店員:お客様、お静かに願います。他にもお客様がいらっしゃいますから(冷静)

興奮している人に、こちらも興奮して言い返すのではなく、相手が怒鳴り続けても、意に介さず冷静に落ち着いて、繰り返し言うだけなのです。

興奮している人に、縮み上がらずに、相手が怒鳴り続けていても、意に介さず冷静に落ち着いて、繰り返し言うだけなのです。

大事なので2回書きました。

相手の興奮を抑えるためにも、逆上して歯向かったりせず、ゆっくり落ち着いた態度で「冷静にありのままの現況」を繰り返し伝えてください。

相手はバツが悪くなって、トーンダウンしてきます。

4.ムカつくヤツを黙らせるには、逆質問する

逆に質問しますね

執拗に絡んでくる相手に対して、攻撃をやめさせるのに「逆質問」をするのも効果的でしょう。

逆質問で相手に対抗する方法

クレーマー:だからな、さっきから聞いてんだろ。どうしてくれるんだって!

責任者:どうしてほしいのでしょうか、お客様。おっしゃっていただけませんか、具体的に。

クレーマー:だから、誠意を見せろってことだよ、わかってんだろ。

責任者:申し訳ありません。分かりません。教えていただけませんか、具体的に。

クレーマー:ふん、お前みたいなヤツは知らんわ!次からは承知しないからな

どんな人でも質問されると、無意識に答えないといけないという心理が働きます。

逆質問されると言葉に詰まってしまうのです。

こういったクレーマーが、金品を要求するようなケースでは、うかつに内容を言えば脅迫や恐喝未遂になるからです。

この逆質問は、会議の場面でも、相手を牽制したり、主導権を握るためにテクニックとしてよく使われています。

会議での例

それはどのような意味なのでしょうか

もう少し分かりやすく説明していただけませんか

なぜそのようになるのか、分からないので教えていただけませんか

逆質問には、相手の攻撃を抑えるだけでなく、相手に反撃する働きもあるのです。

5.ムカつくヤツを黙らせるには、はぐらかす

はぐらかし闘牛

相手からの追求や質問があったとき、まともに応えずに身をかわすテクニックが「はぐらかし」です。

はぐらかしで相手に対抗する方法

相手がムカつくことを言ってきたときには、

「アッハッハ」「なーるほどねぇー」「そいつはおもしろいや」などと「笑ってごまかす」ことで相手を煙に巻いてしまう方法です。

こちらは勝手な想像を楽しんでいる風情を装って、まともに相手にする気がないことを態度で示すのです。

より冷たくシャットアウトしたいのなら、

「それが何かした?」「へえ?別に」などの興味のない素振りを見せて、会話そのものを遮断してしまうことで、相手が取りつく島がなくなるでしょう。

下品で下劣な話題にお付き合いするのはバカバカしいのものですし、そんな相手にイライラしていては相手の思うつぼです。

下品で下劣な話題を話しかけてくる相手に対処するためにも「はぐらかし」でサラリと身をかわすのはいかがでしょうか。

6.ムカつくヤツを黙らせるには、オウム返しで撃退する

オウム返しの術

ムカつく相手から投げられた話題に、関わりたくないと思いますよね。

特に下品で、下劣な言葉をよく使う相手で、他人の悪口を聞かされて、同調するように求められる。

誰でもこんな時は関わりたくありませんね。

そんな時は、相手の言葉をそのまま「オウム返し」で撃退する方法があります。

その場で、自分の言った下品で、下劣な言葉を繰り返されたならば、相手自身が面食らうでしょう。それ以上絡んでこなくなります。

まとめ・ムカつく奴を黙らせる・相手をこれ以上、増長させない方法

いかがでしたでしょうか。

私たちの周囲にまとわりついてくる、わがままな人達ほど、こちらを舐めてかかり、他人を罵倒し恫喝して、意地悪な言葉を投げつけて、相手の心を傷つけて平気でいます。

しかし、こういう人たちの言いなりになってしまったり、下手に出て萎縮するなどの弱々しい態度をしたりしていると、相手がますます増長してしまいます。

「不当なモノ言いで来るなら、こっちも黙っていないぞ」と手強い存在であることをアピールすると相手も関わりにくくなります。

今回は、苦手な人物、イヤな相手のなかでも、あえてわざわざ仲良くなる必要のない相手に対して、攻撃に対する防御=護身術として、心理学のテクニックを使う方法、相手から攻撃を受けたときに、動揺しないで対処する方法をご紹介してきました。

再度ご注意しておきたいのですが、これはあくまでも相手の挑発行動に対してひねったり、ねじ伏せたりといった言葉による返し技です。相手からの攻撃を直ちにやめさせるのを目的にした対処法です。

本当に劇薬ですから、相手に対して宣戦布告するつもりで使わないでください。

そうでないと後々相手と仲良くなろうとしたとき、修復が不可能になる場合があります。

最後までごらんいただきましてありがとうございました。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

心理学ってある意味怖い学問でもあるのです。

今回のテーマは、ブラック心理学と言える部分ですね。

できるだけ使いたくないですが、こちらが丸腰ではズタズタに切り裂かれてしまいます。

あくまでも護身術だと思ってくださいね。

つまりこちら側に心の余裕があれば、相手の攻撃にも慌てないということですね。

できれば初めからこのような人と関わらないことが一番です。

私のことを言えば、このような人に振り回されてずいぶんと腹を立てたことがありました。

相手の思うつぼにハマっちゃったということですね。

さてこの絡んでくる相手について、私のメンター黒澤全(くろさわ・ぜん)先生の話です。

黒澤先生によれば、このようなことを言う人にも「何かしら私たちに気付きを与えてくれている」ということなのです。

イラッとするにはするだけの理由があるということなんだそうです。

つまり自分の中にその答えがあるらしいです。

みなさんも黒澤全先生の無料メール講座をご覧になってみませんか。

このイラッとする理由が自分の中にあるという答えが見つかると思いますよ。

メンターの無料メール講座

 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*