人間関係

不機嫌になる男の心理|言ってはならないNGワード10コ

不機嫌になる男

女性にとってはなんでもないひと言が、男性を不機嫌にさせることがあります。

女性からすれば本当のことを言っただけなのに、その言葉に男性の心が大きく傷つくことがあるのですね。

さらに、ほめ言葉で言ったつもりが、男性の方では逆の意味で受け取ってしまって、相手を不機嫌にさせたなんてことがあるかもしれまん。

なんでこんなことになるの?

実は女性には分からない男性の心理がそうさせているんです。

この男性の心理を知りたいと思いませんか。

どんな言葉が男性を不機嫌にさせるのか知っておけば、仲が悪くなったり、つまらないケンカをしたり、なんてしなくなります。

今回は「なぜ男性が不機嫌になるのか、NGワードを言われたときの男性の心理をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


男が不機嫌になる原因は?

剣道

なぜ、男性は女性から言われた言葉で傷つくのでしょうか。

それは、男性が子供の頃から「男らしくしなさい」「強くなりなさい」と言われて育ってきたことと、世間一般でも男とはこうあるべきだという価値観があることが関係しています。

この価値観が、男性自身の頭の中に刷り込まれているのです。

さらに男性は生まれながらに闘争本能を持った生き物ですから、勝ち負けにこだわります。

女性に言われて不機嫌になる言葉には「男らしくない」とか「自分が弱い」という意味があります。

つまり自分が負けたと思うのが嫌なのです。

では実際にどのような言葉が男性を不機嫌にさせるのでしょうか。

男が不機嫌になるNGワード1.頼りない

Sunset

「頼りない!」

なんの考えもなく言ったら、男性を簡単に不機嫌にさせます。

「頼りない」とは「男らしくない」に直結するイメージの言葉です。

男としての存在そのものを否定されたように感じます。

この言葉に対する反応は人それぞれですが、ひどく怒ったり逆に落ち込んだりします。

女性にはおそらく理解できない心理かもしれません。

男が不機嫌になるNGワード2.体力ないね

体力なし

「体力ないね!」

体力は男らしさをアピールするのに重要なポイントです。

しかし、男らしさを否定されるので傷つきます。

あるいは本人が体力のなさを一番コンプレックスとして感じているかもしれません。

女性から「体力のない男性だ」と言われたことで、相当の屈辱感を味わいます。

身体的な特徴として同じように「背が低い」とか「太っている」などの言葉もNGワードです。

男が不機嫌になるNGワード3.かわいい

ポメラニアン

「かわいい!」

男性の外見に対して「かわいい」は傷つく言葉になります。

確かにかわいらしい男性もいますが、そのことをコンプレックスに感じている場合があります。

男として見られていないと感じて、不機嫌になります。

ただし男性の持ち物に対して「かわいい」と言うのは問題ありませんよ。

男が不機嫌になるNGワード4.いい人ね

いい人

「いい人ね!」

女性がほめるのにつかった言葉だとしても、男性にしてみればうれしくない言葉です。

男性にすれば「いい人=どうでもいい人、都合のいい人」なのかと思います。

女性から、ほめたけど、それ以上は期待してませんよという意味のメッセージにしか聞こえないからです。

実際に本当にいい人だと思ったら、誤解を避けるには「優しくていい人」「話しやすくていい人」のように、具体的な言葉を頭につければ相手を傷つけずに済みます。

男が不機嫌になるNGワード5.運転ヘタだね

ドライブ

「運転ヘタだね!」

「運転するのは男、女性は助手席に」と根強く考える男性は多いです。

なにせ男のほうが車に詳しいという自負を強く持っているので、「運転がヘタ」と女性に言われると自分のプライドが傷つけられます。

さらに怒り出すこともあります。

確かに運転のヘタな人はいます。

自分だったら、こんな運転の仕方しないのにと思っても、そこは我慢しましょう。

もし運転に自信があるのなら、運転を代わってあげてもいいですね。

男が不機嫌になるNGワード6.お酒弱いね

乾杯!

「お酒弱いね!」

お酒に弱い男性は、お酒に強い人に憧れていたり、自分にコンプレックスを持っていたりすることが多いです。

「男のくせにだめなんだね」と言われたような気持ちになり、機嫌が悪くなります。

お酒が強いのがステータスだと考える人は、以前よりも減りましたが、いまだにこの考え方の人がいます。

男が不機嫌になるNGワード7.面白くない

面白くない

「面白くないね!」

男性の中には「面白い=モテる」という認識を持っていて、人を笑わせるのが好きな人がいます。

自分が面白いことが自分の存在意義を明らかにするのに重要なポイントなのです。

ですから面白くないと言われるのは、男性にとってはモテない・魅力がないと言われたのと同じです。

本当に面白くなくても口を慎んだほうがよさそうです。

男が不機嫌になるNGワード8.痩せてるね

痩せてる

「痩せてるね!」

痩せたい願望の強い女性にとって羨望の言葉ですね。

しかし、男性にとっては傷つく言葉です。

筋骨隆々の男らしい体型とは真逆の体型だと言われたと感じてしまいます。

男が不機嫌になるNGワード9.色白いね

お餅

「色白いね!」

女性の場合は、色白に憧れますよね。

でも男性はそうではありません。

肌の色の白さを気にする男性は意外に多くいます。

浅黒い肌のほうが男らしくて頼りになるという価値観が世間一般では通用していますね。

つまり色が白いは「頼りない、男らしくない」という意味に受け取ってしまいます。

男が不機嫌になるNGワード10.真面目だね

「真面目だね!」

この言葉、男性にとってほめられた感じがしません。

真面目という言葉には、要領が悪い、言われたことを疑わずにやるという意味合いがあって、言葉を受け取った方は、けなされた感じがします。

もし本当にほめるのなら「コツコツ努力していてすごいですね」のほうがまだいいです。

まとめ・不機嫌になる男の心理・言ってはならないNGワード10選

いかがでしたでしょうか。

女性の何気ないひと言で男性がなぜ不機嫌になるのか、お分かりいただけたでしょうか。

特に男らしくない!と相手に伝わるようなイメージの言葉は使わないようにすることですね。

つまらない男のプライドだと思うかもしれませんが、「そんなつまらないこと」が、男性にとっては重要なのです。

男のプライドをカワイイと思ってみれば上手く行きます。

思った通りに言うのではなく、ちょっと考えて言葉を選んで話しましょう。

そうすれば、つまらないことでケンカしたり、仲が悪くなったりしなくなりますよ。

今回は「なぜ男性が不機嫌になるのか、NGワードを言われたときの男性の心理をご紹介してきました。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

今回は、男性を不機嫌にさせるNGワードについて書いてきましたが、たとえNGワードでも気にしない人も中にはいるようです。

なぜ気にしないか?

あくまでも相手の感じた意見だと受け止めて、その言葉に左右されない人だからです。

自分の軸をきちんと持っていて、何があっても揺るがない人なんだそうです。

これは私のメンターから教えてもらった話です。

自分の長所も短所も全部受けとめているのなら、腹も立たないということなんですね。

しかし、いちいち腹を立てる人は、心のどこかにコンプレックスがあるので、そこを言葉で突かれると傷ついて怒りのスイッチが入ってしまうようなのです。

ちなみに私のメンターは、全く動じません。

私よりずっと若いのに仙人みたいな人です。

先生には本当にいろいろと人生に役立つことを教えてもらってます。




コメントを残す

*