未分類

共感力の高いHSPに向いている仕事をご紹介!まとめて25選

島に続く道

私たちの社会にはHSP(Highly Sensitive Person)という繊細で敏感な感受性を持った人が、5人に1人の割合で存在しています。

HSPの人たちは共感力が高く、繊細で敏感な感覚を持っていて、さらに傷つきやすく動揺しやすいこともあって、どうしてもマイナスの印象を持たれがちです。

ところでHSPの人たちが自分の才能を活かした仕事に就いて社会を支えているのをご存知でしたか。

HSPの人たちの中には、自分の才能を活かす仕事を見つけられなかったり、向いている仕事を見つけられなかったりして悩んでいる方も多いと思います。

でも本当はすごい、この才能を活かせる仕事に就くことができれば、ネガティブな感情に浸らなくてもいいのです。

HSPの人たちは優しくて、穏やかな性格の持ち主です。

今回は共感力の高いHSPの才能をどのように活かすのか、HSPが向いている仕事・職業は具体的にどのようなものかをご紹介していきたいと思います。

HSPの自覚があり、繊細で敏感なので向いている仕事・職業を知りたい、HSPの才能にあった生き方を知りたいというあなたに向けてご紹介したいと思います。

今回の記事が少しでもお役に立ちましたら幸いです。

スポンサードリンク


共感力の高いHSPの特性とは?

日差し

HSPの人は次のような才能を持っています。

[HSPの人の才能とは]

空気感を読み取る力がある

感受性が豊かで感覚が敏感なので圧倒されやすい

アイデアをどんどん思いつく

空想世界が豊かに広がっている

批判には敏感に反応し傷つきやすい

好奇心が旺盛な人もいる

この才能は仕事において「気づき力」となり、職業で活かされると次のような素晴らしい形になって現れます。

[HSPの人の才能が仕事で活かされると]

仕事でミスを起こしにくい

質の高い仕事ができる

業務の改善提案ができる

ただし、HSPの人ゆえの避けられない悩みもあります。

[HSPの人ならではの悩み・苦手なこととは]

繊細で周りの動きに過敏に反応しやすい

痛みにとても敏感である

騒がしい環境が苦手である

短時間にまとめて仕事をこなすのが不得意である

他者との競争を好まない

このような状況で仕事をするのは、HSPの人にとって辛いことです。

共感力が強すぎるHSPの人には、影響されやすくて向かないのです。

頑張って努力しても、心や身体に変調が出てしまって仕事を続けられないのですね。

ではHSPの人の特性にあった仕事はいったい何でしょうか。

共感力の高いHSPに向いている仕事1.自然に関わりのある仕事

青空の下の美しい山の風景

共感力の高いHSPの人は騒がしい環境を苦手としています。

ですから、騒がしい都会を飛び出した、自然あふれる場所で仕事ができるのが最適です。

HSPの人には生物学者、生態学者、植物学者などの自然に関わる職業が向いています。

共感力の高いHSPに向いている仕事2.動物に関わりのある仕事

トイプードル

共感力の高いHSPの人は、人だけでなく動物の気持ちまで共感できてしまう才能を持っています。

つまりHSPの人は、動物の相手をする職業が向いています。

ペットシッター、ドッグシッター、動物学者、犬のトレーナー、トリマー、獣医師などの仕事がやりがいを感じられるのではないでしょうか。

共感力の高いHSPに向いている仕事3.健康福祉に関わりのある仕事

看護師

共感力の高いHSPの人は人の痛みが分かります。

また質の高い仕事ができ、業務の改善について提案ができるという才能を持っています。

健康関連、福祉関連の仕事が向いていますよ。

栄養士、薬剤師、マッサージセラピスト、病理学者などの職業です。この才能を使って職場で重宝されましょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事4.コンピューターに関わりのある仕事

システムエンジニア

共感力の高いHSPの人は、深く物事を考えるのが得意です。細かなことに気がついたり、芸術的センスがあります。

グラフィックデザイナー、ソーシャルメディアマネージャー、プログラマー、ソフトウェア開発、システムアナリストなどの職種はどうでしょうか。

スキルを身に着けることで、独立してフリーランスとしても活躍できるチャンスだってあります。

共感力の高いHSPに向いている仕事5.芸術に関わりのある仕事

ミュージシャン

共感力の高いHSPの人は、もともと感受性が強く、空想世界が豊かで大きく広がっています。

HSPの人には、アーティスト、俳優、ミュージシャン、インテリアデザイナー、ファッションデザイナー、ナレーター、写真家などの芸術的な仕事が向いています。

高い感性を持っているので、HSPの人のした仕事内容は人々の共感を得るでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事6.出版・文章に関わりのある仕事

開いた書籍

共感力の高いHSPの人は、感受性が強くて、空想世界を考える才能があります。

さらに仕事でミスをしにくいという才能も持っています。

これを活かして、ライター、テクニカルライター、編集者、校正者、ブロガーなどの仕事で活躍してみてはどうでしょうか。

人々に夢や希望を与えることができますよ。

共感力の高いHSPに向いている仕事7.お金に関わりのある仕事

税務申告

共感力の高いHSPの人は仕事でミスをしにくいという才能があります。

この才能を活かせるのが、会計士や財務アナリストの仕事です。

この仕事はとても緻密な作業ですが、仕事でミスをしにくいという持ち前の才能があるので、質の高い仕事ができます。

この仕事の出来栄えは必ず評価されますし、さらに自分自身としても仕事の結果に満足できるでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事8.建設に関わりのある仕事

建設業の女性

共感力の高いHSPの人は、自分の仕事にこだわりを持っています。

このこだわりを活かすには、大工や電気技術者、配管工、庭師、造園技師などの仕事が向いているでしょう。

これらの仕事は他者との競争が少ないです。自分が思ったとおりに仕事を進めることができます。

さらに、ミスが許されない仕事でもきっちりと仕事を行えるので、HSPの才能が活かされます。

共感力の高いHSPに向いている仕事9.ライフコーチング

コーチング

共感力の高いHSPの人は、人生の自己実現や目標達成を側面から支えるコーチングをすることで、自分も達成感を持ち、やりがいを感じます。

人生のコーチングをした人の夢がかない、その人の喜ぶ様子を見ることは、共感力の高いHSPの人本人にも深い満足感をもたらすでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事10.キャリアコーチング

聞き上手

共感力の高いHSPの人は、仕事の上での自己実現や目標達成を側面から支える、キャリアコーチングの仕事も得意とするところでしょう。

キャリアコーチングというと、転職や就職のときにお手伝いする仕事だと考えられていますが、最近では、理想的な将来に近づくための自分の目指す方向性を描きたいという方も増えているため、需要が増えています。

キャリアアップして人生が豊かになった人たちの喜ぶ様子がなによりもHSPの人本人も満足になります。

共感力の高いHSPに向いている仕事11.人事担当者

人事担当者

共感力の高いHSPの人は、他人の気持を読み取れるので人事関係の仕事に向いています。

仕事は会社の他の業務に比べて忙しくありませんから、自分のペースで仕事ができます。

また他者と競争をする仕事ではありませんから、HSPの人には向いています。

共感力の高いHSPに向いている仕事12.セラピスト・心理学者

オラクルカード

共感力の高いHSPの人は、人の痛みが分かり相手の望んでいることが分かります。

この才能を活かせば、カウンセリングという専門的なスキルで悩みを抱える人を支える仕事につけます。

他者のカウンセリングを通してHSPの人本人も自己実現ができます。

共感力の高いHSPに向いている仕事13.宗教家

お寺

共感力の高いHSPの人は聖職者や僧侶という職業も向いています。

人の痛みが分かるので、相手の望んでいることが理解できます。

悩みを抱える人を支えてあげれば喜ばれ、HSPの人自身も満足感を得られます。

共感力の高いHSPに向いている仕事14.スクールカウンセラー

教室

現在学校では、人間関係で苦しむ子どもたちが増えています。

そんなときに共感の高いHSPの人は、人の痛みが分かる才能を持っているので、子供たちを救う仕事ができます。

共感力の高いHSPに向いている仕事15.パーソナルシェフ(出張調理人)

料理人

共感力の高いHSPの人は、独創的なアイデアを持っていてその場の空気を読むことができます。

この才能を活かせば、依頼をしてきた方に最高の料理を提供できますし、大変喜ばれるでしょう。

その喜ぶ姿にも高い共感力を感じて、HSPの人はさらに満足感を深めるでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事16.非営利団体(NPO)・慈善事業

社会で苦しむ人達、困っている人を見ると他人のように感じられないのが、共感力の高いHSPの人です。

共感力が強いので、困っている人たちに寄り添う活動をすることができ、みんなから喜ばれます。

共感力の高いHSPに向いている仕事17.研究者

研究者

共感力の高いHSPの人は、感受性が高く、敏感で豊かな発想力があり、ミスが少なくコツコツ仕事をするので、研究者の仕事も向いています。

地道に研究を続けるので結果を残すことができるでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事18.古物品鑑定士

壺

共感力の高いHSPの人は、芸術性があり鑑定の仕事でもミスをしません。

また、好奇心が旺盛なので古物品鑑定士の仕事にも向いています。周囲の雑音が気にならないので自分で自由に仕事ができます。

共感力の高いHSPに向いている仕事19.旅行代理店

空港

共感力の高いHSPの人は、空気感を読み取れて感受性が高く、アイデアが浮かんで好奇心が旺盛なので、旅行代理店の仕事にも向いています。

HSPの才能を活かして顧客のニーズを巧みに読み取れば、最適なプランを考えることができます。

顧客の喜ぶ姿が、HSPの人の仕事に対する満足感をさらに高めるでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事20.図書館司書

図書館

共感力の高いHSPの人は、豊かな感受性を持っているので才能を活かして、図書館司書の職業に就くのもいいでしょう。

職場は静かで穏やかですし、人とのコミュニケーションもそれほど多くないので気持ちが楽です。

相手のニーズをくみ取って情報を提供できるので感謝されるでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事21.家政婦

介護士

共感力の高いHSPの人は、細かいところにもよく気がつきますので、家政婦の仕事も向いています。

その場の空気を読むのが上手なので、仕事先では「よく気が利くね」とほめられるでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事22.用務員

学校の校舎

用務員の仕事は地味ですがコツコツと仕事を続ける才能をもつHSPに向いた仕事です。

仕事先ではみんなが便利になる物を作ってみたり、芸術的センスを見せたりして周りから驚かれることもあるでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事23.郵便配達員

郵便の配達では、配達先の住所・名前・場所・家の様子をよく知る必要があります。

地味な仕事ですがコツコツと仕事を続ける才能をもつHSPに向いた仕事です。

共感力の高いHSPに向いている仕事24.トラック運転手

トラック

トラック運転手というと地味な仕事ですが決してラクではありません。

しかしHSPの人は、安全運転で仕事はコツコツと行うのでHSPの人に向いている仕事です。

仕事中は人との複雑なコミュニケーションもありませんから精神的に楽で、仕事もうまくやりこなすでしょう。

共感力の高いHSPに向いている仕事25.はり・灸師、整体師

植物

身体の痛みは人に分かってもらえないものです。

しかし共感力の高いHSPの人、人の痛みに敏感で他の人の痛みまで感じ取る才能があるので、はり・灸師という仕事に向いています。

痛みを優しく和らげる力があるので、多くの人に喜ばれて自分自身も満足感を得られるでしょう。

HSPの人が職場を選ぶときの注意点・職場の環境がとても重要です

HSPの人が仕事を選ぶときには、職場内の環境を必ず確認しておくことです。

上司や同僚にどのような人がいるか、職場内の環境は自分に向いているのか、労働時間が長くはないか、仕事の責任が重すぎて自分の負担にならないか、など職場の様子を細かく質問しておきます。

これまで挙げました職業でも、一部の会社では激務が強いられてしまう場合も十分考えられます。

問題がある会社が一部ありますから、このような会社には絶対に勤めないように注意しましょう。

さらに新しい仕事に就いたとしても、はじめから周囲の期待に応えようとして、頑張りすぎないことです。

自分を苦しめず心を楽にして働くことが大切です。

まとめ・共感力の高いHSPの人に向く仕事

いかがでしたでしょうか。

HSPの人は次のような特徴があります。

共感力が高く、痛みにとても敏感で騒がしい環境が苦手なこと。

また、短時間にまとめて仕事をこなすのが不得意、他者との競争は好まないことなどなど。

HSPの人は、一見したところマイナスの印象を持たれがちですね。

しかしHSPの人はすごい才能を持っているのです。

空気感を読み取れること、感覚が敏感なこと、アイデアがたくさん浮かぶこと、空想世界が豊かに広がっていること好奇心が旺盛なこと仕事でミスを起こしにくいこと、質の高い仕事ができること業務の改善提案ができること、そのほかにもたくさんの才能を持っているのです。

ネガティブに見るのではなく、ポジティブに考えてみてください。これは素晴らしい才能なんです。

才能を活かせば道は開けます。今回ご紹介した以外にもHSPの才能に向いた仕事があります。

今回は共感力の高いHSPの人が向いている仕事をご紹介してきました。

あなたが新しい世界で頑張ってみたいと考えていましたら、自分の持っているすぐれた才能を信じてトライしてみてください。

今回の記事がそんなときにお役に立ちましたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

HSPの人は優れた才能を持っているにも関わらず、十分にその才能を活かしきれていないと思います。

とても共感力が強くて、周りの影響を受けたり、聞こえない声が聞こえたりするので、HSPの人は自分がどこかおかしいのではないかと考えています。

こんなことを話しても誰にも理解してもらえない思っていて、ずっと内緒にしているのですね。

自分を理解してコントロールできればいいのですが、コントロールする方法を知らないでいると、いつも周りに影響されてしまい、理由もわからず苦しんでしまうこともあります。

私はHSPではないので、HSPの人の本当の苦しみは理解できません。

ただし私は、他の人よりも少し敏感で、周りの様子や人の気配、周りの雰囲気に影響されやすいところがあるので、何となくHSPの人の気持ちが分かります。

なんといっても、他の人が感じない危険を察知する能力が高いんですから、HSPの人の才能ってとてもすごいことなんだと思いますよ。

この才能を活かせる職業を見つけられるといいですね。

ところで私の今のメンター、黒澤全(くろさわ・ぜん)先生は、職業についてもいろいろな人から相談を受けています。

黒澤先生にはHSPの能力があると話していました。ですから先生の話は実に的確で本質をついています。

黒澤先生は、相談者のその時の状況にあわせた内容をアドバイスしてくださって、また、相談者の心のモヤモヤが解きほぐされていきます。

私も黒澤先生に面談で直接アドバイスを受けるようになってから、自分の人生が大きく変わったと感じるようになりました。

只今黒澤全先生は無料のメール講座を開催しています。

もしよかったらご覧になってみませんか。

自分ひとりの力ではどうにもならないと感じたとき、誰かを頼るのもいいかもしれませんよ。

 

メンターの無料メール講座

 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*