未分類

DV男と別れられない女性の心理|なぜ恐怖男から逃げない?

別れられない女性の心理

DVとはドメスティック(家庭内)バイオレンス(暴力)の略で、夫婦や恋人との間で起こる家庭内暴力のことを言います。

DV防止法が施行されたのが2001年。

それから10年以上経過しましたが、DVの相談件数は毎年増加を続けています。

内閣府男女共同参画局の配偶者暴力相談支援センターの相談件数によると平成27(2015)年度のDV相談件数は過去最高で111,172件、平成14(2002)年度は35,943件と比較して3倍になっています。

この数値には、相談していないケースもありますから、実際にはもっと多くの被害があるものと思われます。

DVといっても、普段私たちとなじみがないと思われがちですが、身近な問題になってきています。

したがって、私たちはDV問題を正しく理解し、まず自分自身がDV被害に合わないようにすることが大切です。

さらにDV被害に遭っている人がいたら、その方を助け出すように周囲が支援する場面も出てくるかもしれません。

今回は、DV男性と別れられない女性の心理と特徴についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


DV男と別れられない女性の心理・DVとは

家庭内暴力

DVとは夫婦間や恋人間で起こる家庭内暴力のことです。

DVでは殴られるなどの身体的暴力が知られていますが、その他にも相手をののしるなどの心理的暴力、性行為を強要する性的暴力、生活費を渡さないなどの経済的暴力があります。

被害者のほとんどは女性です。

第三者の目から見ても明らかに暴力の状況はひどいのですが、それを被害者である女性に「そんな相手となら別れてしまったら」と言ったとしても、女性は簡単に別れられません。

このようにDVは厄介な問題をかかえています。

DV男と別れられない女性の心理・DV男だけに見られる特徴

二人寄り添う

DV男だけに見られる特徴として、加害者の夫や彼氏が暴力の後に見せる、ある傾向があります。

それは加害者の男性が見せる「優しさ」です。

「オレが悪かった」「もう二度としないから許してくれ」「お前がいないとオレはダメなんだ」などと泣きながら謝罪をしたり許しを求めたりします。

DV男の行動は女性をつなぎおくための見せかけの演技なのですが、これを聞いた被害者の女性は情に流されてしまいます。

「彼も反省したんだし、彼はまだ私を愛してくれている」と元の関係に戻ってしまうのです。

さらにDVが繰り返され、何度もDV男の「優しさ」を繰り返し受けていくうちに、「自分が何かとかして彼を立ち直らせないとあげないといけない」と思い込んでしまいます。

ある女性の言葉として次のようなものがありました。

「暴力をした後、急に優しくなるという典型的なDVのサイクルにはまってしまい『この状態はおかしい』と思いながらも、彼のことが好きで離れられなかった」

DV男と別れられない女性の心理・彼を支えることが自分の存在意義

泣く女性

彼を立ち直らせるには私しかいないと思い込んでしまうこと、自分自身が存在する意義をDV男との関係に見出して、その相手との関係に依存するという心理を「共依存」と言います。

男性が女性に依存しているだけでなく、女性も男性との人間関係に囚われている状態です。

本当なら自分を傷つける相手なので離れるべきなのですが、自分の存在意義を与えれくれる男性に依存してしまうのです。

DV男と別れられない女性の心理・強い女性もDV被害にあう

最近増えているのが、高学歴で社会的にも高い立場の女性がDVの被害にあっているということです。

強い女性の特徴として、これまでもさまざまな人生の中で障害を乗り越えてきた経験と自負があります。

したがってDVも自分ひとりの力でなんとかできると考えてしまうのです。

しかし、現実はそう甘くありません。

DVの特徴として、被害者が無抵抗であるほど、暴力がエスカレートしていく傾向にあるのです。

つまり被害者の女性が我慢している限り、DVの状況はさらに悪くなっていきます。

DV男と別れられない女性の心理・女性の自己評価が低い

被害者になる女性の性格として、自己評価が低いことがあります。

「どうせ私なんて」「自分はダメなんだ」と過去に自分が極端に自己評価を下げる出来事にあったなどで、自分に自信がない女性が被害者になりやすい傾向があります。

またもともと依存心が強い女性で、誰かに頼るのが多い場合も被害を受けやすくなります。

DV男と別れられない女性の心理・DVが起こるサイクル

家庭内暴力

DV男はどのようなサイクルでDVを起こすのでしょうか。

1.蓄積の時期

DV男がストレスをため込む時期、神経過敏状態です

2.爆発期

ストレスが極限まで溜まり爆発する時期、相手に暴力をふるいます、暴力の衝動を抑えることができません

3.安定期

暴力後でストレスが解消された時期、ストレスを発散して急に優しくなります

このように、DV男は自分の心の安定を保つために暴力をふるいます。

DV男は暴力をして心の安定を取り戻すと、暴力がおさまって静かになるのです。

安定期の時期だけを女性は見て「この人は本当なら優しい人」とか「私だけがこの人と付き合っていける」と思いこんでしまいます。

DV男と別れられない女性の心理・DV男性が暴力をふるう原因

炎

DV男が暴力をふるうのは、対人コミュニケーションが苦手な男性が増えてきていることが原因ではないかと考えられています。

DV男は社会に出たとき対人関係がうまく築けないのです。

うまくいかなかった葛藤や欲求不満がストレスとして溜まってきます。

それを自分のパートナーにすべてぶつけてしまうのです。

パートナーにぶつけてしまうのは、自分のすべてを受け入れてくれると思いこんでいるからです。

つまり女性に対して依存状態にあるということですね。

先程も説明しましたが、女性もDV男に依存しています。

DV男も女性に依存していますから、お互いに共依存状態にあるのです。

二人とも別れてしまうとよりどころを失ってしまうように感じるため、そう簡単に別れられません。

DV男と別れられない女性の心理・DV男の特徴と傾向

非常警告灯

DV男性は、いわゆる子供っぽい独占欲があったり自己中心的考え方をもった人物です。

DV男は次のような理由で女性に暴力をふるいます。

嫉妬深く、浮気していると決めつける

  • 自分のパートナーが他の男性と話すだけで怒る
  • 彼女が友だちと遊んだり出かけたりするのを嫌がる
  • 自分に内緒にしていることがあるのではと疑っている
  • 彼女の行動すべてを把握したがり、自分が把握していない行動を取ると怒る
  • 彼女がちょっとでも出かけている間でも、必ず自分に連絡するように要求する
  • 彼女自身の友人や家族との付き合いを極力やめさせ孤立化させたがる

自分のほうが立場が上だと思っている

  • プライドが高く他人を馬鹿にする
  • 自分よりも格下だと思う相手には横柄な態度を取る
  • 人によって態度を変える
  • 言うことが断定的で偏見を含んでいて自分の考えを変えない
  • 男はこうあるべきだ、女はこうあるべきだと言う偏見を持っている
  • 相手は自分が偉いと思っていて妻と対等な関係を持ちたくない
  • 優位に立ちたい
  • 誰かをおとしめることで自分の自尊心を保っている

その他にもこんな症状があります

  • 外面がいい、表と裏の顔がある
  • ものに当たる
  • イヤなことがあると口をきかない
  • 性格が悪く親しい友人がいない
  • 小さい頃親から暴力をふるわれていた
  • 彼の父親が支配的で母親は従属的
  • 彼の父親がDVだった
  • ちょっとしたことで異常なほど怒り始める
  • 他人のちょっとした冗談にもすぐに過剰に反応する
  • 心に余裕がなく怒りのスイッチが入りやすい
  • お酒を飲むと人が変わる
  • 車を運転している時の様子がこわい、言葉遣いが乱暴になる
  • 女性の服装まで口出しするようになった

DV男と別れられない女性の心理・DV男と付き合わないようにするには

非常口

DV男は付き合っているときからアレ?変だなと思うところがあるので気がつくとも言われています。

第一印象で受けた直感を信じるのが正しいと言っている人もいます。

恋人になる前に家族環境を探ってみる必要もあるでしょう。

感情の起伏の激しい人は避けるべきでしょうし、付き合いが浅くてまだラブラブの時期に勢いで結婚しないことも大切かもしれませんね。

DV男は出会った当初、優しくてマメな行動をします。

ですから、その行動が本当の愛情からきているのか、依存からきているのかを付き合いの中から探っていくしかないと思います。

まとめ・DV男と別れられない女性の心理|なぜ恐怖男から逃げないのか

いかがでしたでしょうか。

毎年増加を続けていると言われているDV(ドメスティック・バイオレンス)。

被害者である女性は、加害者のDV男から暴力を受けているのに、別れられないという厄介な問題がありました。

被害者も加害者も心理学で言う「共依存」状態に入っていて、よりどころを失うようで離れようにも離れられない関係におちいっています。

当事者同士が解決できないときには、第三者が強制的に介入して問題を解決しないといけないようですね。

DVは犯罪ですので、警察もきちんと対応してくれます。

その他にも各都道府県の県や市では配偶者暴力相談支援センター、民間のシェルター等がありますので、そちらの窓口でご相談ください。

最後までごらんいただきましてありがとうございました。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

DVは恐ろしいですね。

私もかつて似たようなことを経験しました。

ただ私の場合は病気の治療中に起こりました。

C型肝炎病気治療中でインターフェロンという薬を投与されていた時に、精神状態がおかしくなったのです。

なんでもないことが急に腹を立ってきて怒鳴ったり、急に悲しくなって泣いたりととっても危ない人間になっていました。

自分で感情をコントロールできないのです。

今思い返すだけでも恐ろしくなります。

元妻や子どもたちに辛く当たったり、声を荒げたりしていました。

私に当たられた元妻や子どもたちは怖かったでしょうね。

自分の心の底にある狂気が出てきたんだと思います。

あんな思いはもう二度としたくないですね。

・・・・、あ。今はもう大丈夫ですよ。健康体になりました。

人間は弱い心を持っていて、いつどうなるか分からないということですね。

そんな私がメンターと仰ぐ黒澤全(くろさわ・ぜん)先生のおかげで、私の心は乱れがなくなったと思います。

こうやって過去のことを思い出しても、以前のように心が乱れなくなりましたから。

ところで、黒澤先生が話したのが「安定を求めすぎると不安定になる。不安定の中を進むと安定する」ということです。

あまりに安定を望んでいると、どこかでバランスを崩しちゃいますよ。

とにかく毎日チャレンジです。何かちょっとずつでも前に進んでいきましょう!

もしよかったら黒澤先生が開催している無料メール講座をご覧になってみてください。

この下にご紹介しています。おすすめですよ。

メンターの無料メール講座

 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*