生き方

コミュニケーションの取り方が上手い人はどうやっているの?

握手をするセールスマン

コミュニケーションの取り方が上手い人だなぁと思う人、みなさんのあなたの周りにいませんか?
本当にうらやましいですよね。
コミュニケーションは、人と人が信頼してつながっていくのに大切なものです。
私たちは一人では生きていけないのですから。

コミュニケーションの取り方の上手い人とそうでない人では違いがあるそうです。

そこで今回は、コミュニケーションの取り方が上手い人はいったいどうやって上手なコミュニケーションを取っているかについて、心理学的な見方から書いてみようと思います。

スポンサーリンク


コミュニケーションの取り方が上手い人・相手との信頼関係を作る

コミュニケーションの取り方が上手い人は「話す能力」が上手いのが理由だと思っていませんか?
確かに「上手に話せる能力」は大事です。
でも、実は、コミュニケーションでは「話す能力」よりも「関係を作る能力」の方がはるかに重要だと言うことなのです。
例えば、ある人の話は素直に聞けるのに、別の人の言うことは同じ内容でも聞きたくないということがありますね。
情報を受け入れようとする度合いが違っているので伝わる度合いが違ってきます。
コミュニケーションが上手い人は、言葉を深く受け取ってもらているのです。
コミュニケーションは、相手との信頼関係があってはじめて生きてきます。

心理学的な見方で信頼関係を見てみる

人間の中には意識と無意識の状態があります。
心理学ではこのように分けて考えています
意識=思考(頭)=言葉
無意識=身体=感覚

例えば尊敬している上司の言うことは素直に聞けても、大嫌いな上司の言うことは生理的に受け入れられないと言う場合があります。
その時、私たちの中では、大嫌いな上司の言うことは「頭で正しいと意識で理解」しています。
でも、身体である無意識が、頭の中にある「大嫌いだという感情」が「実際に行動しよう」とすることとに違和感を感じます。そして「身体=無意識」が勝手に不安を感じてブレーキを踏んでしまうという状態になります。
これが、心が閉じられている状態です。
しかし逆に、大好きな人に心を閉ざそうとした時はどうでしょうか?
心を閉ざす?なんてことにはならないですね。

私たちの中で、他者に対して心を開くかどうかを決定しているのはいつも「身体(無意識)」であるということなのです。

無意識は「安全・安心」を確保するための生存本能なのです。
つまり、無意識が「安全・安心」感じると心を開きます。
逆に危険を感じた時は、外から攻撃されると感じて、心を閉ざします。

コミュニケーションの取り方が上手い人・人は安全だと感じる人に心を開く

人は本能的に安全だと感じる人には心を開き無防備になります。
危険だと感じる人に対しては心を閉じて影響を受けないようにします。

コミュニケーションの取り方の上手い人は、「人は安全だと感じる人に心を開く」ということを、生まれながらに知っているかあるいは努力して身につけたのかもしれません。

無意識が生み出している「安全」と「危険」の判断基準とは?

無意識が何を尺度にして「安全」と「危険」を決めているのでしょうか?
その答えは、「よくわかっているかどうか」です。
人間は本能的に暗闇や全く情報のない未開の地を恐れるようにできています。
この時、極めて強い緊張状態に置かれるために、恐怖感を感じます。
しかし、「よく知っている場所」であれば恐怖感を感じません。
よく知っているから「安心・安全」を感じ「親近感」が生まれます。
これと同じように、信頼関係がある時には「親近感」を感じています。

人は根本的に信頼関係を作りたい

人間は根本的に人間は他人をよく知って「安全」を確保したいという強い動機を持っています。
「信頼関係」を作りたいと思っています。
これが最も自然な人間の行動です。
人間にとって「知らない」ということはとても居心地が悪いことです。
心を閉ざすのは「危険」を避けて「安全」を確保するためのやむを得ない非常措置なのですね。
無意識が自動的に発動するようになっています。

コミュニケーションの取り方が上手い人・人は自分と共通点が多い人に心を開く

これまで書いてきましたが、「お互いの心が開いているか」と、「よくわかっている」と感じる人に対して人は心を開きます。
そして、もう一つ「自分と似ている人に対して」心を開くということです。

これは自分の中にあるものには「よくわかっている」と感じる=「自分と似ている」と思い、自分の中にないものに対しては「よくわからない」=「自分と似ていない」と感じる無意識の働きがあるからです。

つまり、自分自身と同じ価値観を持っている人や、自分と同じだなと思う人を見ると無意識に「よくわかっている」と実感し、「安心」するのですね。

このように信頼関係を作るには、相手の中に自分と共通している部分を見つけて、それを相手にわかりやすく見せてあげれば上手くいくようになるのです。

コミュニケーションの取り方が上手い人は、相手と自分の共通点をいち早く見つけ、それを話題にして「分かり合えている」と感じさせるのが上手なので好感をもたれるようになるのです。

実際にセールスの上手な人は聴き上手で、適切な質問をして相手の価値観などを聞き出し、自分もそれを大事にしていることをさりげなく伝えているといいます。
そして、相手に言葉が深い部分に響くのでコミュニケーションがさらに深まることになります。

コミュニケーションの取り方が上手い人・相手に呼吸を合わせる

無意識は「安心・安全」のための人の持つ生存本能です。
無意識は「自分のペースで生きること」が最も大切なにしているんだそうです。
ですから、自分のペースをみ出す人には苛立ちを感じるし、ペースの合わない人といると違和感を感じる場合が多くなります。
ペースは呼吸に現れるといいます。
コミュニケーションの取り方が上手い人は、相手の呼吸をよく観察して、それに合わせて呼吸できるようにしているので、相手が感覚的にとても居心地がよくなるのだそうです。

人間は仲が良い時は息(呼吸)が同じになっているといいます。
「あうんの呼吸」という言葉がありますね。
呼吸が合っている関係の時には以心伝心に近づき、なんとなくお互いに考えてくることがわかってきます。
逆に言うと息(呼吸)を合わせると仲が良くなるということです。

この考え方を元にして、次にあげるようなことをしてみることをおすすめします。

姿勢・表情・動作

  • 相手が背筋を伸ばしていたらこちらも伸ばします
  • 相手がゆったりと腰掛けていたら自分も同じようにします
  • 相手が微笑んだら、こちらも微笑みます

声の調子(速さ、高低、間合い、大きさ)

  • 相手が話すのが速ければ、こちらも相手に合わせた同じスピードで話します
  • 相手が話すのがゆっくりなら、こちらも相手に合わせた同じスピードで話します

呼吸(速さ、深さ)

  • 相手の呼吸が速ければ、相手に合わせて呼吸を速くします
  • 相手の呼吸が深ければ、相手に合わせて呼吸を深くします

価値観

  • 相手が大切にしている価値観に気づき、心の中でそれを尊重する気持ちを持ちつつ会話をするだけで、相手は居心地の良さを感じる場合が多い。
  • 相手に対して好感を持って会話することで、その好感を口に出さなくても、どことなく相手は居心地の良さを感じます。

注意することとしては、相手にペースを合わせるやり方は、わざとらしくならないようにすることです。

コミュニケーションの取り方が上手い人・相手の本心を見抜く観察力

内面の思いや考えは必ず表面に現れると言います。

言葉や意識では「ハイ」と言っても、無意識で「ハイではない」場合には、必ず身体から雰囲気として感じるものです。
このような微妙な言葉に出さない非言語での情報を読み取る観察力を身につける必要があります。
コミュニケーションの取り方が上手い人は、相手の本心を見抜く観察力を身につけています
コミュニケーションの取り方が上手い人・非言語のメッセージを読み取るには

本音は、話す言葉(意識)よりも、身体(無意識)から発せられていることを理解しましょう。
このような微妙な非言語の情報を読み取るのには次のようなことを観察しましょう。

例1

状況では
「わかりました」と話しても

相手の表面が
「釈然としない表情」や「わずかに首をかしげる」

無意識の中では
「よくわからない」や「納得ができない」

例2

状況では
にこやかに会話していたり、途中や特定の話題の中で

相手の表面が
「一瞬眉をひそめる」

無意識の中では
(その話題の内容に対して)「嫌悪感がある」、「自分の価値観とかけ離れている」

例3

状況では
会議面談中など様々な画面で

相手の表面が
「腕組みをする」「身体の前で手を組む」

無意識の中では
「自分のペースや価値観・考え方を守りたい」「相手と距離を置きたい」

例4

状況では
「何かを説明する時」

相手の表面が
「急に早口になる」

無意識の中では
「その説明部分に自信がない」「早く終わらせたい」

コミュニケーションの取り方が上手い人・最後に誘導

コミュニケーションの取り方が上手い人は、相手との信頼関係ができて、それからはじめて自分が相手に対してしてもらいたいことをお願いするようになります。

例えば、商品を買う時には迷いが生まれますが、私たちは信頼関係のある人が商品を薦めるなら安心して購入することができます。
「その相手との関係=安心」が作られているので、相手についていった方が安心だと無意識が実感するからです。

コミュニケーションの取り方が上手い人・まとめ

いかがでしたでしょうか。
コミュニケーションの取り方が上手くなるには、このような心理状態が私たちの中で働いていることを知っておいた方が重要だということですね。

なお、もう一つ書いておきますが、このような心理状態を悪用して私たちに近づいて来る人もいますからご注意くださいね。




コメントを残す

*