未分類

自分の未来を現実にするには|黒澤全先生の講座の学びを実践してみた

黒澤先生の講座

あ、挑戦できない。チャレンジできない。

自分は全然ダメ。

自分には夢や目標があるのに何もしていなくて、だた毎日忙しい日々を送るだけ。

「お金がたまったら」「もっと時間が取れたなら」やろうなんてお考えでしょうか。

それともまだ、自分の本当にやりたいことがまだ分からないのでしょうか。

私もこれまでそんな人生を歩んできましたから、その気持ちは痛いほど分かります。

でも何もしていなければ何も変わりませんよね。

もし自分にその気があるのなら、自分の理想とする未来に届くように、ちょっとずつでも自分から前に進んでみるのもいいんじゃないかと思うのです。

今回は、自分の未来を現実にするために私がやってみたことを紹介して見たいと思います。

これは私のメンター黒澤全先生の明鏡止水という講座で学んだことを実践してみた内容です。そんな体験記録にもなってます。

スポンサードリンク


自分の未来を現実にするには、自分をやりたいことをやってみる

私はこれまで外国車には一度も乗ったことがありませんでした。

車は、男性のこだわりのひとつですね。

もともと男性は、車やバイク、パソコン、カメラ、時計などの機械モノが大好きです。

それは男性の脳の構造が空間認識能力が高くて、機械の動く仕組みや構造を考えるのが好きだからです。

さらに、車を動かすことそのものが男性にとって気持ちがいいのです。

頑丈なボディの中にもぐり込んでハンドルに手をかけ運転する。

まるでアニメの主人公がロボットを操作しているような感覚になります。まるでヒーローになったような気分がします。

さらに車は、経済力や社会的地位の象徴に見られるときもあります。

高級車となると社会的に成功しているイメージがあります。自分もそのようになりたい、自分もこんな車に乗ってみたいと思うのは当然かもしれません。

私も同感です。それならば、この男性の心理を満足させてみてもいいのかなと思ったのです。

自分の未来を現実にするには、私の実践例

ここからは私が挑戦してみたことを紹介しています。

GLA250 4matic

メルセデスベンツGLA250・4マチック

ちなみにこの車はレンタカーです。

GLA250 4matic

「レンタカーに外国車まであるんだ!」と驚いてしまいました。

もっとネットで探せばすごい車があったようです。

しかしここで自分のつまらない心のブレーキが発動してすごい車まで手が出ませんでした。

レンタカーを借りたもうひとつの理由

GLA250 4matic

このレンタカーを借りたのにはもうひとつ理由があります。

私のメンター黒澤全(くろさわ・ぜん)先生と、先生の講座でご一緒している西村敏さんが、温泉で14泊15日の合宿をしているというのです。

クルマを借りた日は、黒澤先生たちの合宿のちょうど中間日でした。

私と明鏡止水で同じくご一緒している高橋久美さん、柏木敬太さんと私の3人で、先生たちの合宿している旅館にお邪魔することになったのですね。

最初の予定では、それぞれ仙台駅から電車を利用して行くことにしていました。

しかしそれでは面白くない、私は何か変わったことをしようと考えました。

出かける10日前に、黒澤先生の講座で「自分の理想とする未来に進むため、ダイナミックな挑戦をしましょう」と学んだばかりです。黒澤先生のその言葉が頭に浮かびました。

出発の2日前でしたがタイミングよく空車があったのです。

ベンツってどんな感じだろう?

GLA250 4matic

(運転しているのは、柏木敬太さん)

車に乗ってみて、まず感じたのがベンツらしい雰囲気です。

空調の吹き出し口がベンツのマークをアレンジしたようなデザインです。

内装も日本車と違い少し高級感のある革張り風の内装です。

普段乗っている日本車にはない高級感がありますね。気分が高揚してくるのが分かります。心臓がドキドキしてきます。

しかしこのベンツ、ちょっと難点があります。

日本車と同じ右ハンドルですが、左右に曲がるときのウインカーの位置が左右反対についているのです。

ベンツのウインカーはハンドルの左側についています。

日本車なら、ワイパーを動かすレバーですね。

じゃあ、ベンツのハンドルの右側には何がついているかというと、シフトレバーなんです。

前進・後退・停車を操作するレバーが右側にあるのです。

つまり日本車の操作方法に慣れている私たちには、非常に困った問題が発生します。

右左折をしようとして、ウインカーを出したつもりが、シフトがチェンジしてギヤがニュートラルになったりシフトダウンしたりするのです。

特に左折のときが怖いです。

左折のつもりで日本車でやるような操作をすると、ギヤなニュートラルになって走りません。

こんなときアクセルを踏むと、エンジンだけが「ウィーン」とにぎやかに回るだけです。

もしも走っているときに間違ったら大変なんです。

私も最初から間違えました。

今までの慣れがあります。

私がウインカーを操作したつもりでも、車ではシフトレバーなのです。

車を走らせる時ギヤをニュートラルにしてしまい、もたもたして後ろからクラクションを鳴らされちゃいました。

ベンツの運転はラク

私の借りたベンツは、小さいサイズなので取り回しがラクでした。

エンジンの馬力もそこそこあって、日常で使うには十分すぎるぐらいだと思います。

ただ、やっぱり気分ですよ。ベンツに乗っているという気分!

ベンツのイメージにすっかり酔って、気分が舞い上がっちゃいました。

ドライブ

3人で周辺のドライブもしてきましたよ。

お出かけの日は天気もよく、風もさわやかで気持ち良いドライブ日和でした。

ニッカウヰスキー宮城峡工場

ここではウイスキーの製造工程を見学やウイスキーの無料試飲ができます。

ニッカウイスキー

デカイ装置です。これはポットスチルといって、ウイスキーの原料を蒸留する装置です。

ニッカウイスキー

蒸留したウイスキーの原酒はこの樽に入れられて長期間保存されます。

高橋久美さん

高橋久美さん、ごきげんですね。

定義如来(極楽山・西方寺)

定義如来

昔、平安時代末の源平合戦の後、平家の落武者「平貞能」がここまで逃げ落ちてきたらしいです。

定規如来の名物は三角厚揚げです。「揚げたて」を食べられるんですよ。

三角油揚げ

温かくて表面カリッと、中はフワフワでとても美味しいです。

ニンニク七味と醤油をかけて食べるのですが、おいしくてあっという間にペロリと1枚食べてしまいました。

定義如来そば

さらに二軒隣にある食堂で食べたそばも美味しかったデス。

あれれ、すっかりブログが旅行記ですね。

自分の未来を現実にするには・やったことのないことを挑戦してみよう

ジャンプするサラリーマン

私の言うダイナミックな挑戦では、今回は遊びの方だけになってしまいましたが、それだっていいと思うのです。

毎日こんな生活をしていたら、お金が続かないと考えるのは当然です。

でも、現実に体験してみることで、自分の未来をイメージしやすくなります。

例えば、高級車に乗ってみたいと思ったとしても、現実に乗ってみないとその感覚が分かりません。

「時間があったら」「お金があったら」と何でも先延ばししているといつまでたっても、自分の理想とする未来がつかめません。

まとめ・自分の未来を現実にするには・黒澤全先生の講座で学んだことを体験してみた

いかがでしたでしょうか。

今回は、自分の未来を現実にするために、私が実践してみたことを紹介してきました。

自分の夢や未来を理想の世界に近づけるために、私のとったような体験だって大いにしてみたほうがいいと思いますよ。

黒澤全先生の講座で学んだ、ダイナミックに挑戦することを実際に体験できて楽しかったです。

ただし、無理にでもやらないといけないとか、しなけらばならない、必要だ、という、やらされ感があると、上手く行かないようです。

「ちょっとやってみるか」ぐらいの軽い気持ちから始めましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

何だか心理学のことがちっとも入ってないよね、と言われるのではないかと心配している私です。

でも心理学的視点を、次の通り入れてみましたよ。

  1. 男性の脳は空間認識能力が高い
  2. 男性の脳は空間認識が高いことから、機械の動きや構造に興味を持ちやすい
  3. 男性は車を自在に動かせることで、自分がヒーローになったような気持ちになる。
  4. 高級車に乗りたいと思うのは、経済的成功や社会的地位を得たいという心理が働くから、または成功している場合は自己顕示欲
  5. 高級車にのって気分が高揚した
  6. ハンドルの左右についているレバーが日本車と異なっていて慣れが必要なこと、いつもの習慣があると人は簡単に変われない
  7. 新しい体験をして自分の対応能力が高くなった、自信がついた
  8. 自分一人だけでなく、3人とも同じ体験を共有したことで、絆が深まった

以上でした。ご参考になりましたでしょうか。

私はメンターである黒澤全先生の講座に参加して学んでいます。

そこで学んだことを、毎日の生活で活かしていくことで、自分の未来が明るくようにしていますよ。

只今黒澤全先生は、無料でメール講座を開催しています。

自分の未来が明るくなるのを勉強するために、みなさんもいかがですか。

もしよかったらご覧になってみてください。おすすめしますよ。

メンターの無料メール講座

 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*