未分類

プレッシャーに弱い!克服するなら原因と方法8つをマスターしよう

asahi

プレッシャーに弱いとは、本番を前にして「失敗したらどうしよう」とネガティブ感情で頭がいっぱいになって、自分が本来ならできる能力を発揮できないこと。

ネガティブな感情が出ないように、考えないようにと抑えつけていると、ますます緊張してしまって、本番のとき自分が何をするのか分からなくなってしまうことがありますね。

でもご心配なさらないでください。

自分の心の内側をよく観察して、どこを変えていったらいいのか分かれば、プレッシャーにも強くなれます。

今回はプレッシャーに弱い、大事な場面でパフォーマンスを上げられないとお悩みの方に、プレッシャーに弱い原因と、プレッシャーに強くなる方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


プレッシャーに弱い人の原因は?

落ち込む人

プレッシャーに弱い人の原因1.完璧という「ありもしない幻想」に囚われている

客観的に見てこの世に「完璧」などないのに、完璧主義の人は自分に完璧を求める傾向があります。

つまり「ありもしない幻想」に囚われ過ぎているのです。

また、自分に完璧を求めることに過敏に反応して、不安になり過ぎているとも考えられます。

しかし現実は完璧主義の人が考えた通りにならないので、完璧にこなすことができません。

完璧にいかないと「全て失敗」とみなして自己嫌悪に陥るので、完璧主義の人は自信喪失してしまいます。

つまり完璧主義の人にとって本番は「自分のダメさの披露会場」で、自分の実力が発揮できないのです。

プレッシャーに弱い人の原因2.自分に厳しすぎる

自分の長所が見えていなかったり、自己評価を低く見積もっていたりする自信のない人の共通点は「自分に厳しい」ことです。

自己評価が低いのは、幼少期や青春期に親や他人から褒められなかったり、正当に評価されなかったりした経験があるのが原因です。

「自分は何をやってもダメだ」と精神的に萎縮しているのです。

プレッシャーに弱い人の原因3.ゴール設定が高すぎる

ゴール

プレッシャーに弱い人は、「ゴール設定」を高くしすぎて本番で失敗してしまいます。

自分の設定したゴールがプレッシャーになって、本番でパフォーマンスを出せないこともあります。

それに、ゴール設定が厳しい人は「早く結果が欲しい」と考えてしまう人も多いのです。

小さな結果を積み上げて、やっと手にするのがゴールです。

でもいきなりゴールを目指して走り出すので、結果が出ないのです。

プレッシャーに弱い人の原因4.常に自分の弱みを隠し続ける

プレッシャーに弱い人は、自分の弱みを常に隠し続けています。

他人からどのように思われているのか、異常に気にしてしまうのです。

他人の評価に過敏になりすぎるほど、本番での失敗が怖くなり、パフォーマンスの低下が起こってしまいます。

プレッシャーに弱い人の原因5.本来の目的と無関係なことに意識しすぎ

プレッシャーに弱い人は、他人の評価が気になるから、格好悪い自分を見せたくないからと、無関係なことばかりに意識を浪費します。

でも他人の評価や自分の格好悪さ、それほど大事でありません。

目的を達成するには、どんなことでもやり遂げるぞという覚悟が重要です。

どうでも良いことを考えすぎていて、「やり遂げる覚悟」を持てないので、誰からも評価されなくなってしまうのです。

プレッシャーに弱い人の原因6.物事を正しくとらえるのが苦手

重たい辛い

プレッシャーに弱い人は、実際よりも物事を大きく考えてしまう特徴があります。

そして物事を正しくとらえられないので、ネガティブ感情を倍増させてしまい。本番で何か失敗をするのではないかという恐怖感を大きくしていきます。

しかし物事を重大に考えすぎると、本番で実力を出せません。

人間にはネガティブに考える特性があります、もともとは危険を察知し自己防衛のために働く本能でした。

でも本能の力が強すぎると物事を大きく考えてしまうのです。

プレッシャーに弱い人の原因7.やる前から失敗だけを想像

プレッシャーに弱い人は、過去の失敗で強いトラウマを持っている人や他人の失敗に厳しい人です。

この人たちは失敗恐怖症という特徴を持っています。

失敗恐怖症の人は、やる前から悪い結果を想像してしまうので、本番が恐ろしく避けようとするので、何にも挑戦できなくなってしまいます。

プレッシャーに弱い人の原因8.自分の欠点にばかりに焦点をあてる癖がよくない

プレッシャーに弱い人は真面目すぎる人です。

自分の欠点ばかり焦点を当てて自分のミスを許さないという特徴があります。

その結果いつも自分のことを無能だと考えてしまい、自己嫌悪と自己喪失で苦しんでいます。

ここまでの私の感想です。

う〜ん・・・。

ここまで書いていて、これらの原因がすべて私に当てはまるので、ちょっと嫌な気分になってきましたね。

おっと、これもプレッシャーに弱い人の考えることですね。

いつも悪い方向に考えてしまうので、本番でも最高のパフォーマンスを出せないんです。

では、プレッシャーに弱い人はどうすれば克服できて、自分の人生を変えられるのでしょうか。

プレッシャーに弱い人の克服法とは?

プレッシャーに弱い人の克服法1.まだ起こっていないことは何も考えない

楽しい2人.女性

まだ何も起こっていないことを怖れてネガティブ思考になるのをやめて、少々ルーズになって開き直ってみましょう。

プレッシャーに弱い人は、完璧主義で真面目な人です。

小さなことでも大きく考えて、物事を正しくとらえることが苦手でしたね。

人間が基本的に持っている本能はネガティブに考える特性があります。

自分の過去を振り返ってみても、悩み抜いて何か良いことはあったでしょうか。

ありもしない妄想がふくらんだだけで何も良いことがなかったことはずですよね。

だとしたら、あなたを時間を無駄にし、本番に弱い人間にしてしまうことなのです。

何も考えないほうが、自分のパフォーマンスを下げませんし、プレッシャーに強くて、本番に強い人間の雰囲気が出てきますよね。

メジャーリーガーのイチローだって、「本番は特別の日じゃない」と言っているくらいなので、思考をルーズにすることでプレッシャーに強くなれるのでしょうね。

プレッシャーに弱い人の克服法2.合格ラインを下げる

ハードル障害物

自己評価の下げないために、自分の基準にしている合格ラインを下げましょう。

あなたの目指す成功を、小さな成功の集まりと考えれば、行動に不安がなくなります。

小さな成功体験を積み上げていき、一歩ずつ前進していけば、あなたの生きがいになりますし、本当のゴールに最短距離でたどり着くことができるでしょう。

「今回はここまでできたら最高だ」と「楽な合格ライン」を設定すれば、心から楽めるようになります。

そうなれば合格ライン以上の実力を発揮できるはずです。

プレッシャーに弱い人の克服法3.失敗があるから成長すると考える

やればできる

プレッシャーに強くなるために、失敗があるから成長すると考えるようにしましょう。

あなたが達成してきた、失敗せずに成功できるもの繰り返していては、あなたの成長にはつながりません。

ため息をついて「失敗したらどうしよう」とつぶやくくらいなら、成長のためには、途中の失敗はよくあって、失敗は何の問題もないと考えたほうが、行動するのが怖くなくなるはずです。

最終的にあなたの価値は他人からの評価でなく、自分の気持で決まってしまうのです。

失敗と改善を繰り返していけば、自分の望むどんな人にもなれます。

失敗体験を目標に近づくための証明書だと考えて、本番に強い性格を育んでいきましょう。

プレッシャーに弱い人の克服法4.達成する目標を紙に書く

気にしない、気にしない

あなたが達成したい目標を明確化するために、紙に書き出してみましょう。

覚悟の悪い人のままでいると、他人にかっこよく見られたい、自分が上手くできているところを見せたい、ということに注意ばかり払ってしまうものです。

この考え方を続けるのではなく、なぜ本番に挑戦するのかを考えてみましょう。

あなたは達成したいこと、解決したい問題があります。

そこだけに焦点をあてていけば、他人の評価や緊張なんてすべてどうでも良くなります。

明確な使命感があるとき、物事の本質を重視するようになり、つまらないことを考えなくなるのではないでしょうか。

プレッシャーに弱い人の克服法5.相手に自分の弱みをさらけだす

光り輝く森の道

本番でパフォーマンスを上げ、本番に強くなるために、自分の弱みやコンプレックスをさらけ出してみましょう。

本番で成功するためには、自分の弱みやコンプレックスは重要な個性なのです。

自分から弱みをさらけ出して、相手に共感や好意をもってもらうことは、人間関係を豊かにするのに大切なことだからです。

あなたは心が吹っ切れるのと、相手から好意を得られるので、パフォーマンスを発揮しやすくなります。

プレッシャーに弱い人の克服法6.準備を十分に行う

腕立てトレーニングをする男性

本番の前に、準備や練習を十分に行っておきましょう。

本番に弱い人は自己評価が低かったり、完璧主義だったりする人です。

準備や練習は面倒なことだと思いがちですが、練習の中で得意・不得意が客観的に分かるのです。

自分の出来ることが案外多いことに気づいて、自分を正しく評価することができます。

完璧主義の人は練習を徹底してすることで気持ちが楽になります。

自分の行動が良い方向に向かっていることが分かると、全身をめぐるような喜びや嬉しさを感じることができます。

プレッシャーに弱い人の克服法7.緊張状態に慣らしていく

一緒に走る2人

プレッシャーに強くなるために、普段の生活の中で緊張状態を作って体験していきましょう。

時間に制限を設けて、脳を緊張状態にする「タイマー時間」です。

難しく考えずたとえば、

待合せにギリギリ間に合う時間に家をわざと出る

 

課題を提出日ギリギリに取り組む

このように脳に緊張状態を作ってみるのです。

またこんな例も、

通常30分の仕事を15分や20分に短縮して時間内に終わらせる

タイマーを使うとより脳の緊張を高められるでしょう。

私たちは、どんなギリギリの状態になっても、間に合わせようとする能力を持っています。

実践するとき「絶対間に合う、上手くいく」と考えてみましょう。

なんとかなるよと意識しながらやってみましょう。

プレッシャーに弱い人の克服法8.「相手指向の考え方」を持つ

介護士

プレッシャーに強くなるためには、これまで自分の内側だけ向いていた意識を「相手指向」になって相手へ思考を向けるように切り換えてみましょう。

相手指向とは、相手への奉仕に意識を向けることです。

相手と向き合うことで、相手が今何を求めているのか、相手を満たしてあげるには自分がどうすればいいのかを考えるのです。

これをしていると普段から相手を意識することが多くなります。

これまで自分中心の指向で生きてきましたよね。

でも、自分に意識を向ける時間が少なくなるので、緊張から解放されますよ。

まとめ・プレッシャーに弱い!克服するなら8つの原因と方法をマスターしよう

いかがでしたでしょうか。

今回はプレッシャーに弱い、大事な場面でパフォーマンスを上げられないとお悩みの方に、プレッシャーに弱い原因と、プレッシャーに強くなる方法をご紹介してきました。

本番に強い人の共通点は、失敗することを怖れていないことです。

成功した人だって、これまで何度も失敗を経験して、失敗を克服してきました。

一度に良くなろうと考えず、少しずつ前に進んでいけば、本当の強さを手に入れることができると思います。

そのうち「あの頃は躍起になって克服しようとしていたなあ」と懐かしく振り返る日がやってきますよ。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

こんにちは!以前は「心」がガラスのようにもろかった小島です。

今回も記事を書きながら思ったことが、自分の感情を誰もよく認識していないんじゃないかな、ということです。

私も以前はそうでしたが、何だか面白くない、急に腹が立つなんてことがあったり、今回の記事のとおり、プレッシャーで頭が真っ白になって本番でメチャクチャ失敗していました。

この時いつも自分を責めていました。

なぜいつもこんなことをしてしまうのだろう?

このように考えてみても全然分からず、何度も同じことを繰り返していたのです。

しかし今、心理学を学ぶことで、自分自身の感情と向き合うことができるようになり、自分の心をコントロールできるようになりました。

自分の心をコントロールできるといい点があります。

感情に振り回されなくなったので、疲れなくなったのです。

いままで無駄に感情を出していて、すごく疲れていたんですね。

「怒る」のも「悲しむ」のも、そして「喜ぶ」のも「楽しむ」のもですよ。

ネガティブな感情はよく悪いからダメっていいますが、ポジティブな感情も出しすぎると疲れるんです。

テーマパークでさんざん楽しんできた後、何だかとっても疲れたりしませんでした?

私もこのときの経験の理由を最近知って驚いています。

もっとも、この勉強を勧めてくれたのは、私の今のメンター、黒澤全(くろさわ・ぜん)先生のおかげなんですね。

自分だけで成長しようとしたら、もっと遠回りしていたかもしれません。

人生では、自分が間違った道を歩いていないか、指導してくれる先生が必要なんです。

私は黒澤先生のおかげで、何とか道を踏み外さずに歩くことができました。

もしよかったら黒澤全先生の無料メール講座も見てくださいね。

メンターの無料メール講座

 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*