未分類

三日坊主を克服するには?飽きっぽい私が続られるコツ5つ

初日の出

あなたは年初にどのような目標をたてたでしょうか。

試験、ダイエット、スポーツ、禁酒禁煙、本をたくさん読むなどなど。

しかし三日坊主でいつも途中で終わらせてしまうことが多いのではないでしょうか。

私もこれまで何をしても3日も続きませんでした。

熱しやすくて冷めやすく、自分でもこれは続けないといけないと思っているのに続けられないことが多かったのですね。

しかし私は今、現在続けられているものがあります。

それは今みなさんがご覧になっているこのブログです。

このブログも最初、三日も続けられないところでしたが、おかげさまで半年以上継続することができました。

すごい秘訣とまでは言えませんが、やはり続けていくだけのコツが必要だと思います。

そこで今回は、「三日坊主を克服するには?飽きっぽい私がブログを続けているコツ」という内容で、その秘訣をご紹介したいと思います。

いわゆる「三日坊主を克服する方法」とは

三日坊主を克服するには次のような方法で取り組みましょうというのが、世間一般の考え方ですね。

1.明確な目標を設定する

取り組む必要性を感じないと継続させられないので、行動を起こす明確な理由と意識付けを徹底させ、決意の気持ちがすぐに薄れてしまわないよう、部屋の目立つ場所に決意の気持ちを書いて貼っておくこと。

2.習慣化させる

どのような挑戦でも、2週間程度続けることができたら習慣化ができてくるので、最初は嫌でも、しばらく続けること。

3.簡単なレベルからはじめてみる

いきなり難しいところを攻めていくと絶対出来ないし、つまらなくなって、あっという間に挫折してしまうので、絶対に嫌にならないよう、簡単なレベルのところからはじめ、ゆっくりと難かしさレベルを上げること。

4.やりながらの楽しみを見つける

挑戦が嫌々やっていると長く続けられないので、何か楽しみを持っておくとか、できた日にはごほうびをしたり、友人・恋人と一緒に取り組むこと

5.自分の継続できている未来の姿を想像する

未来の自分ができている姿を想像すること。

それでも三日坊主になってしまう

他にもさまざまな方法で三日坊主にならないコツが紹介されていますが、なぜか実際には途中で挫折してしまうことが多いですね。

私もこれまでは三日坊主になって目標を諦めることが多かったのですが、最近は少しずつできるようになってきました。

特にブログを書くことだけは1年半も続けています。

最初は自分の好きなことをただ書いていただけでしたが、次第に文字の量も増え、内容も始めの頃よりはマシになってきたなと感じています。

私は、三日坊主にならないためには次のことが大切なのではないかと思うのです。

三日坊主を克服するのに最も大切なのは、毎日の習慣にすること

三日坊主を克服するため、最も大切なのが毎日の習慣にすることです。

この全く当たり前のことなのですが、実際にはなかなかできませんね。

私もブログを毎日書けないことがあって、挫折しかけたことがありますが、私のメンター 全(くろさわ・ぜん)先生の教えを受けて、次のことにいつも気を付けるようになったので、習慣になってきました。

毎日の習慣にするには、次の5つのコツが必要なのだそうです。

1.できない自分を責めない

まず三日坊主でできなかったとき「自分を責める」という自分の心の働きをパッとやめて、気持ちをすぐに切り替えることです。

「できなかった。まあ仕方ない。これからちゃんとやればいい」と私は口にしています。

できないときにやってしまうのが「どうして、なぜできないんだ」と自分を責めてしまうことなのですね。私はこれをよくやってしまいます。

しかしできなかった結果を振り返ってみたところで、その過去の結果は変わらないですし、前に進むことを考えたほうが楽しいと私は気がつきました。

2.どうやったらできるだろう思考

三日坊主で失敗してしまったときや、うまくいかなかったとき「どうやったらできるのだろう」と考えるクセをつけることです。

初めの頃私は「どうやったらできるだろう」がなかなか出てこなくて、挫折しそうになりました。

しかし机の前に「どうやったらできるだろう」と紙に書いて、困ったときに紙を見て口に出して言うようにしたところ、徐々に考え方のクセが変わってきました。

3.気が散るものから離れる

三日坊主になりやすいのが、テレビ、SNS、人間関係、その他にも何となく毎日していることで気が散ることです。私は、これらとの接触を減らしています。

ブログを書くときには、自分の気持ちがぶれないようにすることが必要で、こんなとき他のことで気が散ってしまうと、全部台無しになってしまうのです。

とくに私は気が散りやすくて、いろいろなことが気になってしまう性質なんです。

ネットサーフィン、Youtube動画、ネットでの商品購入など、さまざま誘惑が私を誘うのですが、やるならここまでと時間を決めていて、決めた時間以上にならないようにしています。

4.いろいろなことを同時にやらない

三日坊主にならないためには、いろいろなことを同時にやらない、についてまだまだ修行中の私ですが、一日のそれぞれ行動をその一つのことだけに集中して行います。

同時にいろいろなことをやろうとすると、どれも中途半端で結果がよくないのです。

朝起きた時の歯磨きから、トイレ、食事、運動、散歩、仕事など、2つ以上のことを同時にすると、だいたい適当になってしまいます。

過去私は、同時にできることを目指していましたが、それでは全部中途半端になるよと 先生から教えられました。

2つ同時にやったときと、1つずつ集中してやったときでは、出来上がりは1つずつ集中させたほうがずっと良くなります。

私も過去に経験がありますが、本当に集中しているときはそのことだけしか考えませんよね。

ごはんを食べることも、寝ることも、時間すら忘れて、自分の趣味に熱中したことがありましたから、この言葉の意味がよく分かります。

5.自分の未来をイメージする

三日坊主にならないためには、やはり自分の未来の姿をちゃんとイメージできているかが重要です。

先生の教えによると、自分の未来の姿をイメージするのは、朝起きた時と夜寝る前です。

この時間帯に、自分がイメージを高めるようにしておくと、日中でも頭の中ではその意識が働いて、自分を未来のイメージの方向に進めようとするのだそうです。

確かに日中は忙しいから、自分の未来についてボーっと妄想していたら、仕事になりません。

私も今、朝と夜に自分の未来の姿をイメージしています。

さらに最近、自分の未来をイメージしてみて分かったことですが、自分だけが良くなっている未来を描いても上手く行かないことが分かってきました。

自分や家族、友人や仲間などがみんな良くなっている様子をイメージしたほうが、私にとっては上手くいくのです。

自分一人だけよくなっても、それでは一人ぼっちで、つまらないですよね。

周りの人たちみんなが豊かになっているイメージのほうが楽しいです。

まとめ・三日坊主を克服するには?飽きっぽい私がブログを続けているコツ5つ

いかがでしたでしょうか。

三日坊主にならないためには、一般的にいわれている方法の他に、自分の心の働きをよく理解しておくことでした。

1.できない自分を責めない

2.どうやったらできるだろう思考

3.気が散るものから離れる

4.いろいろなことを同時にやらない

5.自分の未来をイメージする

私もこのおかげで頑張れていますので、もしよかったら試してみてください。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

心理学は毎日を生きる知恵・心の波を穏やかに

私がブログを続けられる理由として、実はもうひとつあります。

私は文字を書くのが好きなのです。

ブログの文章が上達するようにと、私のメンターは、本の写本をすることを勧めています。

そこでメンターがオススメした本を、毎日数ページ写本しているのですが、私にとってこれが実に楽しい作業なのです。写本のときは時間が過ぎるのを完全に忘れているのです。

子どもの頃、書道教室がイヤで泣きながら通っていた私でしたが、ある時期から字がうまく書けるようになると、文字を書くこと自体が好きになってきて、今もずっとその気持ちが続いているのです。

これも習慣によってできるようになったことだと思いました。

ですから好きなことなら三日坊主にならず、必ずできるようになりますよ。

コメントを残す

*